音楽ニュース

最近はもうなんでもアリ!? ジャンルを飛び越えた予測不能コラボ

  • 記事提供:OKMusic
  • 2018年4月16日
  • 写真:ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲 (okmusic UP's)

    ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲 (okmusic UP's)

[PR]

コラボやフィーチャリングものがまた一段と面白くなってきているなと感じる今日この頃です。テレビ番組とかでの1回限りの共演のみならず、ちゃんとした作品としてリリースされたり、芸人さんが意外な表情を見せてくれたりもしますよね。というわけで、今回は最近めっちゃいいなと思った、ジャンルを越えたコラボ5曲を厳選紹介いたします〜!

「およげ!たいやきくん〜潜れ! さかなクン Ver.〜」('18) /東京スカパラダイスオーケストラ

峯田和伸(銀杏BOYZ)のフィーチャリングに続いて、スカパラがコラボしたのはさかなクン。昨年のキリン氷結CMソングとして話題を呼んだ「Paradise Has No Border」ぶりのタッグで、その時はバスサックスを吹いていたさかなクンでしたが、今回は哀愁あふれるクラリネットを披露しています。しかも、不朽の名曲「およげ!たいやきくん」をギョギョッと素敵にリアレンジ! 胸躍る仕上がりです。NHK特番で終わらず、4月18日に音源配信されるのが嬉しいところ。

「ボンノバンニベンガボーン」('18)/ユッコ・ミラー×古坂大魔王

ピンク髪の新星サックスプレイヤー、ユッコ・ミラーがあのピコ太郎のプロデューサーである古坂大魔王と摩訶不思議コラボ! 彼が楽曲提供した「ボンノバンニベンガボーン」は冒頭こそピコ太郎のパロディー?みたいな感じのおちゃらけモードで始まるも、聴き進めるうちにブリバリ痺れるサックスが降臨し、三味線まで絡んでくる頃にはすっかり楽しくなっちゃっている自分がいます。このワードが脳内から離れないかも。こういうフットワークの軽いジャズもいいですね。

「片目で異常に恋してる」('18) /ジェニーハイ

小籔千豊、くっきー(野性爆弾)、中嶋イッキュウ(tricot)、新垣隆、川谷絵音(ゲスの極み乙女。、indigo la End)からなる超個性的バンドがジェニーハイ。このデビュー曲「片目で異常に恋してる」が目下絶好調で、YouTubeの再生回数は400万を超える中、まさかの夏フェス出演も決定しました。《両目で見てみたらそんなに魅力的に見えないし》なんていう絵音節、それを艶っぽく歌うイッキュウ、芸人リズム隊の本気、新垣氏のえげつない間奏ソロ。こんな組み合わせもアリなんですね〜!

「Diver's High」('18)/SKY-HI

SKY-HIがTVアニメ『ガンダムビルドダイバーズ』のオープニングテーマとして書き下ろした新曲で、UNISON SQUARE GARDENの斎藤宏介(ギター&コーラスで参加)とのコラボが実現! スカパラ「白と黒のモントゥーノ」への参加などソロ活動も増えている斎藤とSKY-HIはなんと同じ高校の先輩後輩で、抜群に息の合ったナンバーとなりました。挑戦的で興奮を煽るヴォーカルスタイル、絶対的プリンス感がどことなく近いふたり。こういうアグレッシブな曲がアニメを飾るのも面白いなと思います。

「START UP feat.チアキ」('18) /TOC

HilcrhymeのTOCが、2017年に赤い公園を脱退したチアキ(佐藤千明)を客演に迎えたナンバー。バンド時代にはKREVAとのコラボも経験しているだけに、TOCの華麗なラップにも物怖じせず、アーバンかつムーディーなトラックの中で、チアキは素晴らしい存在感を発揮しています。“新しい日々を始めよう”がテーマなので、これからの季節を彩ってもくれるはず! 胸を張って自分らしく歩きたい人に聴いてほしいです。TOCのメジャー1stアルバム『SHOWCASE』に収録。

TEXT:田山雄士

田山雄士 プロフィール:フリーのライター。元『CDジャーナル』編集部所属。同誌の他、『okmusic UP's』『ナタリー』『bounce』など、雑誌/WEBを中心にお仕事をしています。日本のロックバンド以外に、シンガーソングライターとか洋楽とか映画とかも好きです。

元記事を読む

OKMusic

Copyright(c)OKMusic 記事・画像の無断転用を禁じます

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!