&な人の思わず買い

ネットで買う最強コストバリューな「エンジンオイル」

  • 文&写真 岸田一郎
  • 2016年6月21日
  • ネットで購入している、定番のエンジンオイル「Chevron Supreme(シェブロン シュープリーム) 5w-30 」

  • 「Chevron Supreme 5w-30 」はコストバリューも極める

[PR]

 ウェブマガジン「&M」で「やんちゃジジイの艶出し講座」を連載中の岸田一郎さん。数々の創刊誌を手掛けた伝説の編集長・岸田さんが絶賛するのは、アメリカのエンジンオイルです。
    ◇
ごきげんよう、岸田です。
昔から我が家には、2台のクルマがあります。
1台はワタクシの
「道楽クルマ」。
そしてもう1台は、通勤はもちろんのこと、かみさんとワンコを乗せての週末の買い物など、要は我が家の
「実用車」
といった組み合わせです。
今回は、この「実用車」のお話。
そもそも実用車とはいえ何でも良いわけではなく、前出の「道楽クルマ」と異なることはもちろん、仕事や家庭サービスに供するに十全な性能が大前提です。
さらに大切なことは、実用ゆえに様々な負担を抑えたい、つまりは
お金をかけたくない
というのが本音であります。
週末、かみさんとワンコを乗せて出かけるのに速いクルマは無用
とばかりに30年ほど前から、フォルクスワーゲンやメルセデス・ベンツの
ディーゼル車
を選んでいたくらい。
当時からヨーロッパでは、乗用車の半分はディーゼル車かと思わせるほど、その経済合理性が高く評価されていたのですね。
そんな実用車とはいえ、故障もなく快適に乗って行くためにはしっかりと管理・維持もしていかなければなりません。
オイル交換
もそのひとつ。
道楽モノ好きなおっさん
ですが、クルマやバイクいじりもそのひとつ。
よって、5000~6000kmごとの
オイル交換などは朝飯前で
自分でやってしまうのであります。
で、肝心のオイルはといえば、いつも
ネットで購入
している定番
Chevron Supreme(シェブロン シュープリーム) 5w-30 」。
このオイル、なんと
1L=約400円。
ガソリンスタンドはもちろん、カー用品店などでも販売しておらず、かの外資系巨大ホールセラーCOSTCO(コストコ。本国では「コスコ」と呼びますね)かAmazon(アマゾン)などのネット通販でしか販売されていないのです。
「クルマ・バイク好きなのにどうして安いオイルを選ぶの?」
と訝(いぶか)る方もいらっしゃるでしょうね。
オイル談義を始めるとキリがないのでやめときますが、検索するとこのオイルに関して
数多くの支持者による書き込み
が散見できます。
少なくとも、連綿と乗り換えてきた我が家の「実用車」の
定番オイルとして10年以上の実績
を誇っているのですよ。
そもそも欧米と比較して、エンジンオイルの値段が総じて
日本は高すぎる
と思うのです。
こうして
コストバリューを極めながら
浮いた分は「道楽クルマ」の
高額な高性能タイヤ
などの足しにしてしまう、どーしようもないジジイなのでした。

PROFILE

Nakamoto

岸田一郎(きしだ・いちろう)

「ちょい不良(ワル)オヤジ」や「艶男(アデオス)」、「艶女(アデージョ)」などで話題を集めた『LEON』、『NIKITA』をはじめ『Begin』、『時計Begin』、『Car EX』、『MEN’S EX』などの創刊を手がけた伝説の編集長。“ちょいモテ オヤジ”は2005年流行語大賞10ベストを受賞。講演会、トーク・ショーなどでも活躍中。趣味は、サーフィン、バイク、ゴルフにワンコのトレーニングと多彩。1951年生まれのAB型。

&BAZAARの最新情報をチェック

&BAZAARの最新情報をチェック