DIYの豆知識

何でも測りたくなる!レーザー距離計が人気

  • 文・DIY CITY 番匠智香子
  • 2016年6月24日

商品画像をクリックすると外部サイトへ移動します

手に入れたら、なんでも測りたくなること間違いなし!

この商品を

  • 「BOSCH ZAMO(ザーモ)」は、日常をオシャレに楽しむをテーマに作られた「スマートライフ」シリーズのレーザー距離計。手ごろな価格で人気に。

    この商品を

  • 手ごろな価格ながら、防塵・防水性能付きの「TAJIMA LKT F02R/F02BK」。

    この商品を

  • 子供の身長もサッと計測できる。

  • 移動しながら距離を測り続ける「連続測定」も便利。

  • ピタゴラスの定理を利用して高さや幅を間接的に測定できる「ピタゴラス機能」を搭載したモデルも。

[PR]

 家具やカーテンを新調する時や、棚作りをはじめDIYをする時には、必ず寸法を確認しなくてはなりません。自分の手を広げて測れるくらいの幅であればメジャーでも測れますが、それ以上の距離になると一人ではなかなか難しい作業になります。小型のメジャーは2~3m程度がほとんどなので、部屋を測るには短く、高さを測るにはフラフラして安定しない……と、正確な寸法を出すのに苦労した経験がある方も多いのではないでしょうか。

 そんな面倒な作業を一気に解決してくれるのが、近ごろ人気の「レーザー距離計」です。これを手に入れると「測る」効率が格段によくなり、まったくストレスを感じなくなる素敵なアイテムなんですよ。

とにかく簡単! なんでも測りたくなるアイテム

 レーザー距離計とはレーザー光の反射により距離を測る測定器です。使い方はいたって簡単。測りたい始点の位置にレーザー距離計を置いてスイッチを入れるだけ。これだけで一瞬にして距離が測れ、さらにデジタルで表示してくれるので寸法の読み間違えもありません。最近ではシンプルな1万円前後のモデルが普及し、DIY用としても人気を集めています。

 今回ご紹介する機種は本体はコンパクト設計で、ポケットにも入れやすいサイズ。持ち運んでもジャマにならず、しかも電源は単4電池2本という手軽さです。対象物まで任意の距離に近づいたり、離れる際タイムリーに距離を表示してくれる「連続測定」機能も搭載され、壁から何センチというように距離を探すこともできます。

 このレーザー距離計があれば、室内の寸法はもちろんのこと、子供の身長やペットの体長も一瞬で測ることができます。きっと手に入れた瞬間から、さまざまなところの寸法を測りたくなるはずですよ!

家庭用のお手ごろモデル

 この便利なレーザー距離計、どの機種を選んだらいいか迷ってしまいますが、代表的なメーカー「BOSCH」と「TAJIMA」のDIY向けモデルをご紹介しましょう。

【BOSCH ZAMO(ザーモ)】

 シンプルな機能で価格も手ごろ。子どもにも使いやすい簡単操作がポイント。前回測定値と今回測定値を二つ表示できる。測定範囲は0.15~20mと室内で使うのには十分。

【TAJIMA LKT F02R/F02BK】

 保護等級IP40の防塵・防水性能付きで、DIYでも気軽に使えるコンパクトモデル。尺相当の10/33m表示が可能で、大工仕事になれた人でも使いやすい。測定距離0.2~20mで、面積も測定可能。カラーはレッド、ブラックが発売中。

【BOSCH PLR25】

 こちらは四つの測定モードを搭載した上級モデル。距離の測定だけでなく、面積測定、体積測定(容積測定)、連続測定(最小・最大測定)が可能。見やすいカラー液晶や余裕の25m測定など、ワンランク上の機能を採用している。

【BOSCH GLM40】

 現場使用にも耐えるプロスペックモデル。測定範囲0.15~40mと広く、高い防塵・防水性能や耐衝撃性能も備え持つ。ピタゴラスの定理を利用して高さや幅を間接的に測定できるピタゴラス機能も便利。

【TAJIMA LKT-F05R】

 こちらは50mまでの測定が可能なタイプ。防塵・防水性能だけでなく、面積、体積、ピタゴラス機能なども備えている。

 ご紹介した機種のほかに、屋外使用で測定距離も長く、レーザーポインタが見やすいデジタルファインダーを搭載したタイプやデータ転送、防塵・防滴タイプなどもあります。高機能なタイプは価格も高額になります。使う用途によって選んでくださいね。

関連商品

画像をクリックすると楽天市場またはAmazonの商品検索ページへ

&BAZAARの最新情報をチェック

&BAZAARの最新情報をチェック