満足ペット生活

わんちゃんと海へお出掛け!

  • 文・高田由香
  • 2016年8月5日

商品画像をクリックすると外部サイトへ移動します

犬用のライフジャケット「EZYDOG DFDドッグライフジャケット」

この商品を

  • 小型犬から大型犬まで、各種サイズが発売中

    この商品を

  • 見た目もオシャレな犬用ゴーグル「ドグルズ」

    この商品を

  • 両目の感覚や頭まわりなどサイズを確認して購入しよう

    この商品を

[PR]

 いよいよ夏本番!「夏休み、思いっきりうちの子(愛犬)と遊ぶぞ!」と気合が入りますね! そしてこの季節ならではの楽しみと言えば、わんちゃんと一緒の海水浴や、海辺の散策でしょう。今回は、わんちゃんと海へお出掛けする際のお話とお役立ちアイテムの紹介です。

海へのお出掛け、準備OK??

 わんちゃんと一緒にさあ泳ぐぞ!と張り切っている飼い主さん、ちょっとお待ちください。出掛けようとしている海水浴場は「ペットOK」でしょうか? 実は海水浴場にはペット同伴禁止のところがたくさんあります。まずは公式サイトや自治体のサイトなどでペットと遊べるかどうかを確認してください。そして犬OKの海水浴場でも、ノーリードにしない、排せつ物の処理はきちんとするなどの公共のマナーはしっかり守りましょう。

 準備もできて、いよいよわんちゃんの水泳開始!……と思ったら、わんちゃんが怖がって海に入らない、海に入れても泳ぐどころかバチャバチャもがくばかり……ということもしばしばあります。「犬は犬かきが得意で自然に泳げるもの」と思っている方、多いですよね。私もそうだったのですが、わが家の愛犬たちを初めて海に連れて行った時には、波を怖がって犬同士で「押すなよ、押すなよ!!」状態で自分から泳ぎに行く子は誰もいませんでした……。

 そんな海初心者のわんちゃんにおすすめなのが、「EZYDOG DFDドッグライフジャケット」です。サイズ展開は超小型犬から大型犬までととても豊富。軽くて丈夫、そして速乾性に優れています。わんちゃんの肌にあたる内側はウェットスーツ素材でできています。最初から無理に泳がそうとせず、まずはライフジャケットを着せて水に入ることに慣らすことからスタートしましょう。

 海だけでなく、川や湖で遊ぶ時にも人用と一緒に用意すれば安心ですね。

泳がせること以外の注意点

 暑い日の日中、熱中症にかからないようにお散歩を控えることはだいぶ浸透してきました。ただ、レジャーに出掛けるとつい対策を忘れてしまう飼い主さんが多いようです。海は水が冷たいとはいえ、直射日光があたる砂浜はアスファルト以上に熱くなっている場合もあります。暑い場所は抱っこで移動するなど、いつも以上に注意してあげてください。

 直射日光と言えば、「犬用ゴーグル ドグルズ」がおすすめです。おしゃれなだけではなく、紫外線対策として、また飛び散った砂や小さなゴミがわんちゃんの目に入ることを防ぐことに役立ちます。特に短頭種などの目が出ているタイプのわんちゃんは目に異物が入りやすいです。砂浜では要注意ですね。海に遊びに来た時だけでなく、強風の日やほこりが多い場所を歩く時などにも使えます。

 最後に、海から上がったら、わんちゃんの体を真水で洗い流し、吸水力の高いタオルでしっかりと乾かしてあげてください。海水の洗い流し不足や乾かし不足は皮膚のトラブルの原因になりやすいのです。

 わんちゃんの健康状態や周囲への安全・マナーを十分配慮し、夏ならではの海遊びを満喫してくださいね!

PROFILE

ドッグアドバイザー 高田由香

東京・世田谷区用賀にある、犬の保育園「Parco del Cane(パルコ・デル・カーネ) カーネ保育園」園長。愛犬はパピヨン1匹、パピヨンとマルチーズのミックス1匹、チワワ2匹。コーギー、キースホンド、ダルメシアンの飼育経験あり。犬育てのモットーは「笑顔で楽しく!」。飼い主さん、わんちゃんが笑顔で暮らせるために様々な角度からサポート中。

 「Parco del Cane カーネ保育園」ホームページhttp://tripletta.com/

&BAZAARの最新情報をチェック

&BAZAARの最新情報をチェック