われら自腹調査団

ポストカードで作る自分だけの画集づくり アート手帳「ポスカホリック」

  • 文・一条西子
  • 2016年8月25日

商品画像をクリックすると外部サイトへ移動します

「ポスカホリック」は、ブラウン、ターコイズ、ローズの3色。ポストカードはポケットに収納できます

  • 作品や展覧会の感想を書いたり、チラシの切り抜きを貼ったりと、いろいろな使い方ができます。ポストカードをテープなどで留める必要がなく、そのままきれいに保存できるのもうれしい

  • ペンを使ってカラフルにしたり、マスキングテープやシールを使って華やかにするのもおすすめ。自分だけの画集が仕上がります

[PR]

 みなさんは夏休みを満喫されましたか? 比較的まとめてお休みが取れるこの時期、美術館や博物館で美しいアートに触れ、リフレッシュした方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 私は展覧会に行くと、いつもお気に入りの作品を決め、そのポストカードを購入します。150円ほどのポストカードでお気に入りのアートを手軽に持ち帰れるなんてお得! と思いながらも、ポストカードはたまる一方。一時期は、美術展のチケットの半券とポストカードであふれていました。

 そんな私の必需品がこのアート手帳、「ポストカードで作る『わたしの画集』 ポスカホリック 」です。

 展覧会のチケットやポストカードをきれいに保存でき、作品を鑑賞したときの感動も書き込める便利な手帳です。毎年、50会場を超える展覧会を主催する朝日新聞社が、アートファンの声を集めて企画・制作しています。

 アート1作品に対し4ページを使うこの手帳。リング左側の台紙には作品名、作家名、鑑賞場所、鑑賞日をメモします。右側のポケットには、お気に入りの作品のポストカードやチケットが挟み込めます。残りのページの台紙には、感想を書き込んだり、写真を貼ったりと自由にアレンジできます。

 お気に入りの使い方は、最初のページのポケットにはポストカードを入れ、その作品のどこにひかれたを書く方法。後で見返したとき、「こんなことを思ってたんだ」と驚いたり、そのアートに関してまったく違う感想を持ったりすることも楽しい瞬間です。

 裏面のポケットには、展覧会のチラシの切り抜きや作品を解説した新聞記事などを入れています。チラシには目玉作品がたくさん掲載されているので、ポストカードを買わなかった作品も切り取って、ページに貼りつけられるのでおすすめです。

 海外旅行の際に立ち寄った美術館では、現地のマップや写真を入れることも。

 すでに、私のポスカホリックは3冊目に突入しました。日記のような記録だけでなく、視覚的にもアートを記憶に残せる、まさに「わたしの画集」。アート心に火がつきます。

★今回、自腹で調査したのは……

ポストカードで作る「わたしの画集」 ポスカホリック

&BAZAARの最新情報をチェック

&BAZAARの最新情報をチェック