満足ペット生活

もう大丈夫! わんちゃんの『お留守番』のコツ

  • 文・高田由香
  • 2016年9月6日

商品画像をクリックすると外部サイトへ移動します

わんちゃんのお留守番をサポートするグッズはたくさん発売されている

  • 「知育おもちゃ にわとりの親子」は頭を使うことが得意なわんちゃんがよろこぶ

  • 「デントレニーム」は歯磨きの木ともいわれるニームから作られた天然木製おもちゃ

  • 「Boomer」は適度な固さで小型犬にも優しいおもちゃ。中におやつを入れられる

  • 「ぬくもりクッション」は飼い主さんの洋服などニオイのついたものをしまえるクッション

[PR]

 夏休み、いかがお過ごしでしたか? 愛犬と一緒に出掛けたり、家でのんびりまったり絆を深めたり……。夏休み後のお仕事や学校への復帰は、ちょっぴり憂鬱(ゆううつ)になってしまうものです。

 その気持ち、愛犬たちも同じかもしれません。大好きな飼い主さんと長い時間過ごせた夏休みが終わり、「またお留守番が始まるのかなあ」という気持ちかも。今回は、愛犬たちが楽しみながら飼い主さんの帰りを待っていられるコツをお話しします。

「安心できる環境づくり」を

 家の中すべてフリー、限られた部屋のみフリー、サークルやゲージの中で過ごす、などお留守番のスタイルはさまざまだと思います。

 それぞれのわんちゃんの性格によるので一概には言えませんが、お留守番中何かにほえてしまったり、何かを壊していたずらしたり、トイレの失敗を繰り返してしまう、また自分の体をなめたりかんだりしてしまう子の場合、自由に行き来できるスペースをある程度制限してあげた方が落ち着くことが多いです。わんちゃんがゆっくりと休める安心な「巣」を作ってあげるイメージですね。

 もちろん、いきなり狭い場所に押し込めるのは逆効果。飼い主さんがお休みの日、おうちの中でわんちゃんがお留守番スペースで過ごす時間を作り、「このスペースは置いてきぼりにしたり閉じ込めたりするための場所ではない」ことを伝えてください。わんちゃんは留守番スペースでお昼寝し、飼い主さんはわんちゃんの留守番スペースから見えるところでテレビを見たりお茶を飲んだり…という感じに慣らしていくと良いと思います。

「スペシャルグッズ」で楽しいお留守番

 お留守番中に時間を持て余すと、不安になったりいたずらしたくなったりしてしまうものです。わが家の愛犬たちは、留守番時はサークルで仕切られた場所や広めのゲージに入っています。留守番スペースの中には、退屈したら遊べるように「留守番の時にしか登場しないスペシャルおもちゃ」を入れています。

 頭を使うことが得意なパピヨンのふぁんたが気に入っているのが「知育おもちゃ にわとりの親子」。にわとりのおなかからひよこやたまごを出して遊んだり、空洞になったにわとりのおなか部分に顔を入れて遊んだりしています。

 ガジガジかむことが趣味のミックスのたるとが大好きなのが「デントレニーム」。インドで歯磨きに使われていたというニームの木で作られています。こちらは目の穴に小さなおやつを入れることもできそうです。

 おもちゃ遊びが大好きで活発なあんにんがよく一人遊びするのが「Boomer」。適度な固さで超小型犬でもかみ心地が良いようです。中におやつを入れて遊ぶこともできます。

 甘えん坊のころねのお留守番安心アイテムは「ぬくもりクッション」。クッションの中に飼い主のニオイがついたものを入れることができます。クッションに乗ったりぬいぐるみ部分をかんだりしながらうとうとしているようです。

 飼い主さんがお仕事や学校で頑張っている間、愛犬たちには、おうちでお留守番を楽しみながら頑張ってもらいましょう。

 お留守番を頑張っているごほうびに、お休みの日にはたくさん遊んであげましょう!愛犬たちと遊ぶことは飼い主さんへのごほうびにもなりますね。

PROFILE

ドッグアドバイザー 高田由香

東京・世田谷区用賀にある、犬の保育園「Parco del Cane(パルコ・デル・カーネ) カーネ保育園」園長。愛犬はパピヨン1匹、パピヨンとマルチーズのミックス1匹、チワワ2匹。コーギー、キースホンド、ダルメシアンの飼育経験あり。犬育てのモットーは「笑顔で楽しく!」。飼い主さん、わんちゃんが笑顔で暮らせるために様々な角度からサポート中。

 「Parco del Cane カーネ保育園」ホームページhttp://tripletta.com/

&BAZAARの最新情報をチェック

&BAZAARの最新情報をチェック