粋の一品

薪ストーブの炎を再現した 「暖炉がある暮らし」

  • 文・粋人堂 写真・松永卓也(朝日新聞出版)
  • 2016年10月7日

商品画像をクリックすると外部サイトへ移動します

1949年に英国で設立されたディンプレックスは、世界最大級の電気暖房器メーカー、グレン・ディンプレックス・グループのコアブランド。「クラブ」は、英国のぬくもりを感じさせる電気暖炉だ

[PR]

 住宅密集地やマンションではかなわない「暖炉がある暮らし」。それを手軽に味わえるのが、「ディンプレックス 電気暖炉 クラブ」だ。薪ストーブの炎を疑似炎で再現。5段階の光の反射と屈折で立体的なゆらめきを演出する。

 見た目から暖まるのはもちろん、強弱2段階の温風で部屋をしっかり暖める。電源を入れるだけで設置工事は不要。空気を汚さず、お手入れも簡単だ。この「クラブ」は、3~8畳の部屋に適している。

 炎のゆらめきには「f分の1のゆらぎ」があるという。リラックスした冬のひとときを過ごしたい。

 英国で1949年に設立されたディンプレックス社は、世界で始めてオイルヒーターを誕生させたブランド。「クラブ」は高さ60cm、幅49cm、奥行き33.2cm。電源コード長1.8mで、重さ21kg。転倒時電源遮断装置と過熱防止装置付き。

   ◇

★今回、ご紹介したのは……

ディンプレックス 電気暖炉 クラブ

&BAZAARの最新情報をチェック

&BAZAARの最新情報をチェック