Editors' Choice

残高が見えるパスケース

  • 文・LockUP
  • 2016年10月11日

商品画像をクリックすると外部サイトへ移動します

 電車やバスに乗っての外出に欠かせない、SuicaやICOCAなどの電子マネー。しかし、「たまにしか交通機関を利用しない」「いつもは定期券の区間だけ」という人は、チャージされている金額がいくらだったか分からなくなって、改札を通ろうとするも残高不足で扉を閉じられてしまう……ということも。

 そこで便利なのが、こちらの電子マネー残高表示機能付きパスケース「miruca(ミルカ)」。ケース裏面の矢印どおりに電子マネーカードを挿入し、液晶下のボタンを押すと残高が表示されるという、お手軽なアイテムだ。また、「miruca」に入れたまま改札にタッチした際には、自動的に一定時間残高を表示。コンビニエンスストアや自動販売機で使った際にも、手軽に自動で残高が確認できる。

 電源はボタン電池のCR2016が1個。1日5回の使用で約1年使え、電池がなくなったら交換すれば、繰り返し使える。本体はすっきりとスリムでかさばらないデザインになっており、カラーバリエーションはブラック、レッド、ブルーの3色。Suica、PASMO、nanaco、ICOCA、Kitaca、manaca、TOICA、PiTaPa、はやかけん、nimoca、SUGOCAなど、多彩な電子マネーに対応している。

 電子機器に不慣れな年配の方や、乗車料金がかかるようになったばかりの子供でも簡単に使えるだろう。ミルカという名前もユニークでなじみやすい。

⇒ この商品の価格を検索

 交通系ICカードを便利に使うアイテムも多い。2枚パスケースに入れられる「交通系ICカードセパレーター 両面パスタイプ」は仕事用とプライベート用で使い分けるのに便利。「USB ICカードリーダー PaSoRi(パソリ) 」はパソコンから残高の確認や入金、対応サイトでの支払いもできる。「電子マネービューアー付き歩数計」は普段は歩数計、タッチすると残高を表示できるアイデア商品。

&BAZAARの最新情報をチェック

&BAZAARの最新情報をチェック