Editors' Choice

昭和レトロなブラウン管風テレビ

  • 文・LockUP
  • 2016年12月16日

商品画像をクリックすると外部サイトへ移動します

 大画面、薄型でベゼルも極小……そんな進化を続けてきた液晶テレビだが、どこも同じで味気ない……と思う方も多いのでは? 今回ご紹介するのは、部屋の中でもとにかく存在感を主張する“昭和感たっぷり”な液晶テレビ、ドウシシャ「VT203-BR」だ。

 最大のポイントはとにかく昭和なところ。懐かしの足つきブラウン管テレビをイメージした箱形のボディーは、畳の部屋にぴったり。フロントもあえて立体感のある作りになっており、ガチャガチャ回せるチャンネルダイヤルや音量ダイヤルを備えている。

 大きなボディーの天面には、CDやDVDを収納できるスペースを確保。ダイヤルの裏にはレコーダーを設置しておくことも可能となっている。

 もちろん、テレビの機能もしっかり備えられ、フロントにはヘッドホン端子やHDMI端子を採用。和紙素材を使用したスピーカーなど、快適な視聴環境を確保している。

 これに話題の「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」を接続して、昭和のお茶の間を再現してみるのも楽しそうだ。

⇒ この商品の価格を検索

 レトロなデザインの一体型オーディオ「SANSUI BT対応CDステレオ SMS-800BT」。フィラメントを再現したレトロLED電球「サイフォン」。レトロスタイルが楽しいレンズ交換式デジタルカメラ「CHINON Bellami HD-1」。

&BAZAARの最新情報をチェック

&BAZAARの最新情報をチェック