Editors' Choice

AFと手ブレ補正が話題! ソニーの新型ミラーレス

  • 文・LockUP
  • 2016年12月19日

商品画像をクリックすると外部サイトへ移動します

 デジタル技術の革新により、「より早く」「より軽く」「より美しく」と、どんどん進化していくデジタルカメラ。そんな中、ソニーからAF速度わずか0.05秒というミラーレスカメラ「α6500」が登場した。

 画面のほぼ全域に425点像面位相差AFセンサーを配置、「ファストハイブリッドAF」と「高密度AF追従テクノロジー」で、複雑に動く被写体にも粘り強く追随。決定的瞬間を確実に捉える「“4Dフォーカス”システム」が特徴。

 さらに望遠撮影時などに気になる手ブレは、APS-Cセンサー搭載のEマウントカメラ用に新開発した光学式5軸ボディー内手ブレ補正機構と、新しい高精度ジャイロセンサーで補正。三脚などが使えないシーンでも、手ブレを抑えて快適に撮影できる。

 背面にはタッチパネル式モニターを搭載し、ピントを合わせたい被写体に画面上で触れるだけで瞬時にフォーカス。動画撮影中もタッチ操作でピント位置を変更できるので、より自由度の高い撮影が楽しめる。

 もちろん画像の美しさにもこだわり、有効約2420万画素の「Exmor(エクスモア)」 CMOSセンサーや、イメージセンサーの実力を最大限に引き出す画像処理エンジン「BIONZ X(ビオンズ エックス)」、新開発の高速フロントエンドLSIを搭載。画像処理アルゴリズムを最適化することで、優れた解像感と質感描写を実現している。

 さらに全画素読み出しによる、高解像度4K動画も撮影可能。コンパクトなボディーに収められた圧倒的な高画質技術で、日々訪れる大切な一瞬をキャッチしよう。

⇒ この商品の価格を検索

 「Xシリーズ」のフラグシップモデル「FUJIFILM X-Pro2」。キヤノンの本格ミラーレス「EOS M5」。高速連写/高速AFにこだわったオリンパスの「OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

&BAZAARの最新情報をチェック

&BAZAARの最新情報をチェック