Editors' Choice

オリンパスのフラグシップミラーレス

  • 文・LockUP
  • 2017年1月4日

商品画像をクリックすると外部サイトへ移動します

 キャッチコピーは「世界を変える高速連写」。オリンパスのミラーレスカメラ「OM-Dシリーズ」に、新型フラグシップモデル「OM-D E-M1 Mark II」が登場! メーカーのこだわりがタップリ詰め込まれた話題の1台をさっそくチェックしてみよう。

 一番のポイントはやはり高速連写。タイムラグ0.005秒、120fpsの電子ファインダーを採用し、高速で動く被写体もしっかり補足。AF/AE追従モードで最高18コマ/秒、AF/AE固定ならなんと最高60コマ/秒という高速連写を可能とした。飛行機や鳥、車など、いままでの電子ファインダーでは捕らえるのが難しかった被写体にもしっかり対応できる。

 ボディーはマイクロフォーサーズならではの小型サイズに、直感操作が可能なダイヤルやボタンを満載。防塵(ぼうじん)、防滴、-10度耐低温など、ハードな環境でも使える堅牢製を確保しているところも見逃せない。SDカードはダブルスロットで万が一のデータ損失を防ぎたいシーンにもピッタリだ。

 また、定評のあったボディー内5軸手ぶれ補正機構とレンズの手ぶれ補正を組み合わせて、6.5段分もの驚異的な補正を可能としているのもうれしいポイント。高感度と合わせれば、夜景でも手持ち撮影が可能なほどだ。

 すべてが新しくなったフラグシップ機で、思い通りの撮影を楽しもう。

⇒ この商品の価格を検索

 色再現に定評がある「Xシリーズ」のフラグシップモデル「FUJIFILM X-Pro2」。高速AFや光学式5軸ボディ内手ブレ補正などを採用した「ソニー α6500」。キヤノンの本格ミラーレス「EOS M5」。

&BAZAARの最新情報をチェック

&BAZAARの最新情報をチェック