Editors' Choice

便利!?どこでも座れるカメラリュック

  • 文・LockUP
  • 2017年2月15日

商品画像をクリックすると外部サイトへ移動します

 イベント撮影や趣味の撮影旅行などで、機材の重さに「ちょっと腰を下ろして一休みしたい……」と思ったことがある写真好きも多いのでは?

 この「どこでも座れるカメラリュック DKMBCKP3」は、その名のとおりカメラ用リュックサックとイスが一体化したアイテム。花や風景をじっくり撮りたいときはもちろん、鉄道撮影など待機時間が長いときにもゆっくり休めるアイデア商品だ。

 リュックサック部分には複数のボディーやレンズ、ストロボ、充電器などをたっぷり収納でき、仕切りは自由に組み替えられる。また、急に雨が降り出したときにも機材を守れるよう、レインカバーも付属。

 一番上のジッパーを開けばカメラにすぐアクセスできるほか、スマホを入れるのにちょうどいいフロントポケット、タブレットや小物を入れられる内ポケット、三脚やペットボトル用のサイド収納などを備え、使い勝手は抜群。イスを引き出して使うときは、厚さ3cmの背面パッドがそのまま座面になるので、長時間使用してもお尻が痛くなりにくい。

 リュックサック部分が1300g、イス部分が300gと軽量なので、通常のカメラバッグと簡易折りたたみイスを持ち運ぶより快適だろう。イスの開き方も簡単で、レンズ交換時にちょっと機材を乗せておきたいときや、ローアングル撮影時に肘を置いて手ブレを防ぐときなどにもサッと出せる。イス部分は約100kgまで耐えられるので、「簡易的なものだと不安」という方も安心できそう。

 あちこち撮影に行きたいけれど、体力的な心配が……とお悩みの方も、導入してみては?

⇒ この商品の価格を検索

 優れた防雨性能を持つ「アグア バックパック 85」。日常使いできるデザインも人気の「Peak Design EVERYDAY BACKPACK」。ニコンとアウトドアブランドMILLETがコラボした山岳用カメラバッグ「Nikon×MILLET アイガーグレッチャー 33」。

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!