Editors' Choice

ソファの下にサブウーファー! ソニーの小型サウンドバー

  • 文・LockUP
  • 2017年3月29日

商品画像をクリックすると外部サイトへ移動します

 好きなテレビ番組や音楽、映画などを、いい音で楽しみたい。しかし、スピーカーやサブウーファーの設置スペースが……という人にオススメなのが、ソニー「サウンドバー HT-MT500」だ。

 バースピーカーは、ハイレゾ音源対応ながら高さ6.4cmという薄型で、テレビの前に置きやすい。重低音用のサブウーファーは、5.2GHz帯を用いたワイヤレス接続を採用しており、スピーカーケーブルの配線が不要。その上、縦置きでも横置きでも使えるので、部屋の状況に合わせた設置ができる。ソファの下にサブウーファーを置く場合にも最適なサウンドを実現する「ソファモード」も搭載されているのがポイントだ。

 映画、スポーツ、ゲームなど、さまざまなジャンルに適した再生を行う「サウンドフィールド」や、人の声やセリフを聞き取りやすくする「ボイスモード」、深夜の小音量時でもクリアなサウンドを実現する「ナイトモード」など、快適に聴くための機能も充実。

 また、Bluetooth 4.1対応なので、スマートフォンやオーディオ機器と接続すればいつもの音楽をワイヤレスで再生できる。また、インターネットラジオや音楽配信サービスを楽しめる「Chromecast built-in」、音楽ストリーミングサービスSpotifyが楽しめる「Spotify Connect」にも対応。スマートフォンやタブレットからの操作で、コンテンツのストリーミング再生が可能だ。

 スリム&コンパクト、高音質、ワイヤレス機能もバッチリの「サウンドバー HT-MT500」で、部屋での視聴時間をもっと楽しく心地よく変えてみよう。

⇒ この商品の価格を検索

【関連商品】

フロントスピーカーだけで豊かな音場を実現する「ヤマハ YAS-106」。JBLの音響システム技術をベースにした家庭用モデル「CINEMA SB350」手ごろな価格の2ch サウンドバーシステム「ONKYO SBT-200」。

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!