Editors' Choice

AK4497EQを搭載したハイレゾプレーヤー

  • 文・LockUP
  • 2017年4月10日

商品画像をクリックすると外部サイトへ移動します

 CDをはるかに超える高音質で、音にこだわる人たちのスタンダードとなったハイレゾプレーヤー。その中の一つ、COWONのPLENUEシリーズに新モデル「PLENUE 2」が登場した。

 この「PLENUE 2」には多くのハイエンドオーディオ機器に採用されたAK4490 DACの、さらに上位にあたる新型DAC「AK4497EQ DAC」を搭載。AKM Premium Sound技術の適用により音源を忠実に再生し、ハイレゾ対応ヘッドホンをつなげばいつでもどこでも最高レベルのサウンドが楽しめるプレーヤーだ。

 Sound Plus高性能アンプは最高の線型性を維持しながら、高い電圧と電流を出力。別途ヘッドホンアンプをつながなくてもハイエンドヘッドホンが使える強力なドライビング性能を持ち、どんな音域もクリアに聴かせてくれる。さらにサウンド微調整のための6つのデジタルフィルターを提供、聴力の限界に迫るサウンドエモーションチューニングにまで挑戦した。

 二つのアナログホイールは、ポケットなどに出し入れする際に不要な操作が行われないよう上端部に配置。ひとつは140段階の細やかなボリューム調整、もうひとつは曲順変更や画面の明るさ、DACフィルターやJet Effectプリセットの変更などさまざまな操作が可能。操作するたびにホイールの下部がほのかに光るのも美しい。

 さらに、きめ細やかなトーンコントロールが行える「JetEffect 7」が、音楽のジャンルを問わず最高のHi-Fiサウンドを実現。全66個のプリセットでユーザーの好みに合ったきめの細かいトーンコントロールを可能としている。ハイレゾの深淵なる世界に触れる最初の1台としても、最適なモデルと言えそうだ。

⇒ この商品の価格を検索

【関連商品】

無酸素銅切削ボディーを採用したフラッグシップモデル「ソニー ウォークマン NW-WM1Z」。手ごろな価格でハイレゾ音源を楽しめる入門機「COWON PLENUE D」。オンキョーのハイレゾエントリーモデル「ONKYO rubato DP-S1」。

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!