後悔しないモノ選び

ガジェット好きのために生まれたバッグブランドとは!?

  • 文・横山博之
  • 2017年4月18日

商品画像をクリックすると外部サイトへ移動します

コートエシエルの代表的モデルである「イザール」。 W32×H48×D23.5cm

  • 13~15インチのノートPCを収納可能。収納のひとつはササマチつきのコの字ファスナーで、背面側から開閉する。

  • 「ナイル」は、バッグをおんぶしたような個性的フォルムが特徴だ。W34×H53×D22cm

  • ノートPCをはじめとするガジェットや周辺機器類を、まとめて収納しておける。

  • トラベル用軽量バッグの「ライン」。マチ幅は10cmと薄い。W34×H45×D10cm

  • メイン収納はササマチつきで、荷物の転落を防止。紙資料なども入れやすい。

[PR]

現代的なスタイルに立脚したブランド「コートエシエル」

 今はバックパック全盛期だ。その主要因は、ノートPCやスマホをはじめとするデジタルデバイスの普及にありそうだ。両手が空いていたほうが操作しやすいのと、比較的重量があるため荷物を背負えたほうが楽に行動できるためだ。

 バッグ業界の多くは、既存のバッグに機能を追加する形で、このニーズに応えてきた。市販されている多くのバックパックの源流は登山やトレイル用の道具であり、そこにノートPC収納を足したものが多い。また、元々手提げバッグだったブリーフケースを背負えるようにした、3WAYタイプも増えている。

 そうした中、「ノートPCを持ち運ぶ」という現代的なスタイルを立脚点として一から開発されたバッグも現れはじめている。そのパイオニア的ブランドが、2008年に設立された「コートエシエル」だ。

ブランド誕生のきっかけはアップルとの協業

 クリエイティブディレクターであったステファン・ウエンバーカー氏は、18歳の頃からグラフィックデザイナーとして独立し、ポルシェやBMW、アウディなどをクライアントに活躍してきた人物だ。2007年からはアップルと提携し、デザインが洗練されたMac用アクセサリーも手がけてきた。その一方で、パリコレでも人気のプレタポルテ「ダミールドマ」とも協業し、ファッションや服飾雑貨の製品づくりにも傾倒。その過程で、当時はそこまで広まっていなかった「MacBookを持ち運ぶ」スタイルを広めるためのバッグ開発に取り掛かる。当初はスリーブケースなどの小物を作っていたが、チーフデザイナーであるエミリーアルノーに出会い、デザインされたのがコートエシエルの特徴的なバッグだった。

 そうした経緯もあり、コートエシエルで展開されるバッグのほとんどはノートPC収納を備えているだけではなく、ノートPCの収納のしやすさ、取り出しやすさを第一に考えたデザインになっている。また、そのデザイン哲学はアップルのそれとも通底しており、無駄がなく洗練されている上、ユーザーフレンドリーだ。

 以前、筆者が氏に取材した際には「バッグはA地点からB地点へ移動するときに使うもので、そこにどのような機能が求められるかが重要」だと語っていた。「僕の中では建築的な視点がキーワードで、内部構造は複雑で機能的でも、見た目はシンプルでありたいと考えています」

 コートエシエルのバッグはAppleStoreでも販売され、MacBookユーザーに受け入れられると街で評判を呼ぶようになり、一大バッグブランドとして成長していく。

機能美に裏打ちされた個性的なバックパック

 コートエシエルの代表作が、「イザール」だ。ノートPCやビジネス小物は背面側から開け閉めするコンパートメントに集約させつつ、それ以外のかさばる荷物は正面側のコンパートメントに入れる2気室構造になっている。たいていのバッグは、荷物がかさばるほど縦方向に伸びていくが、このバッグでは奥行き方向にかさが増えるのが特徴だ。荷物が少なければ平坦になるので、混雑した場所でも邪魔になりにくい。人間工学に基いて設計されたハーネスも背負いやすく、多くのユーザーに愛されている。

 脊椎の曲線を真似たという「ナイル」も、個性的なフォルムをしている。収納部の上端が、ハーネスにまで乗っかるような形にすることにより、身体の一部であるかのようなフィット感を与える。こちらも、ノートPCをはじめとするガジェットや小物類専用のコンパートメントを設けた2気室仕様だ。

 一転、トラベル用の「ライン」は軽量かつシンプルな仕上がりだ。メイン収納内にはノートPCやタブレット用の収納スペースを確保。外側にもタブレット収納やスマートフォン用ポケットがあり、旅先ですばやく情報を得ることができるようにしている。

 現代的な発想を基にした、新しいバッグを提案するコートエシエル。そこには、今という時代が詰まっている。

<問い合わせ先>

アンバイ PR

03-6434-0709

http://www.coteetciel.jp/

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

PROFILE

横山博之(よこやま・ひろゆき)ライター

カバン、靴、時計、革小物、アウトドアギアなど、こだわりのライフスタイルを彩るに欠かせないモノに詳しいライター。デザイナーやディレクター、職人、経営トップなど、モノづくりに関わるキーパーソンへのインタビューも豊富にこなす。時代を塗り替えるイノベーティブなテクノロジーやカルチャーにも目を向ける。

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!