Editors' Choice

時代はVR!? 360度動画も美しいカメラ

  • 文・LockUP
  • 2017年5月1日

商品画像をクリックすると外部サイトへ移動します

 ヘッドセットを装着したら、目の前に広がるのは別世界。上下左右に視線を移すと景色が移り変わり、まるでそこにいるような感覚が味わえるVR(バーチャルリアリティー)映像。「精密なCGやプロの撮った映像もいいけれど、自分の体験を家族や友人と共有できたら……」という人に向け、360度撮影ができる全天球カメラも各種発売されている。

 コダックから登場した「PIXPRO 4KVR360」は、本体の前後に画角235度と155度のレンズを搭載し、死角のない写真や動画を撮影できる。しかも、4K相当の撮影が可能という高性能モデルだ。シリーズ最高の高解像度で描き出される360度VR動画は、驚くほどの臨場感!

 防じん (IP6X相当)、防滴(IPX5相当)、マイナス10度までの耐低温、地上2mまでの耐衝撃というタフ性能で、アクションカメラとして使えるのもポイント。別売りのアクセサリーを使えば水中撮影もできる。バイクやカート、スキーやスノーボード、ダイビングといったアクティビティー中の撮影にもピッタリだ。

 専用ソフトウェアやアプリをインストールしたパソコン・スマホとWi-Fi接続すれば、撮影画角を確認しながら遠隔操作も行える。パソコン用ソフトウェアで、撮影した映像の編集も可能。FacebookやYouTubeへのアップロードも簡単だ。空の上から見下ろしたように撮る「Little Planet」、風景をゆがませながら丸く切り取る「Fish Eye」、前と後ろの映像を上下に表示する「Quad」など、多才な映像表現が楽しめるのも魅力のひとつ。この「PIXPRO 4KVR360」で、思い出を丸ごと残すとともに、映像作りの面白さも堪能しよう。

⇒ この商品の価格を検索

 足元は撮影できないが、4K画質で水平方向360度の画角を楽しめる「PIXPRO SP360 4K」。全天球カメラの定番THETAシリーズのスタンダードモデル「RICOH THETA SC」。4K UHD対応のアクションカメラ「ニコン KeyMission 360」。

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!