くらべて選んで

高級モデルが人気!? 扇風機・サーキュレーター ランキング

  • 文 コヤマタカヒロ
  • 2017年6月20日

1位:シャープ「PJ-F2DS-W」。この商品を価格.comで検索

[PR]

 暑い季節になってくると欠かせないのが、空調家電。中でも近年注目を集めているのが扇風機だ。各社から最新技術を詰め込んだ高級モデルが登場しており、省エネの観点からも人気が高まっている。今回は価格.comの扇風機サーキュレーターカテゴリからランキングを紹介する。

参考:扇風機・サーキュレーター ランキング(6月12日10時時点)

1位:シャープ「PJ-F2DS-W」

 高級扇風機が人気を集めている中で、1位となったのは3Dファンを搭載したシャープのプラズマクラスター扇風機「PJ-F2DS-W」。1万円台前半ながらDCモーターを搭載するお買い得モデルだ。特徴はファンにアホウドリの翼とアマツバメのとがりと丸みのある羽根形状を応用した「ハイブリッド・ネイチャーウィング」を採用すること。直進性の高い風を生み出すことができ、風量が従来機から約50%向上しているという。また、上90度、下10度左右90度で首振りする3Dターンで、サーキュレーターのように部屋の空気を循環させられる。部屋干し衣類の生乾き臭を消臭する「衣類消臭モード」が使えるのもうれしい。レビューでも「小ぶりですが風量は十分。首振りが上下左右なのでサーキュレーターとしても使えます」と高評価だ。

5位:ダイソン「Dyson Pure Hot + Cool Link HP03WS」

 今年の4月に発売されたばかりの羽のない扇風機「Dyson Pure Hot + Cool Link HP03WS」が5位にランクイン。Wi-Fi機能やヒーター機能、そして空気清浄機能を搭載する高機能モデルのため、平均価格は6万円超と20位内で最も高額だが、注目を集めたようだ。なお、6位にはヒーター機能のない「Dyson Pure Cool AM11WS」が、9位には旧モデル「Dyson Pure Hot + Cool Link HP02WS」がランクインするなどシリーズの人気は非常に高い。

15位:日立「HEF-DC4000」

 15位の日立「HEF-DC4000」は満足度ランキングで1位になった扇風機。DCモーターを搭載する高性能タイプで、微風から強風まで8段階で風量調整できるのが特徴。また天井付近の空気を動かせる上方向90度への送風も可能。また温度を感知して自動的に風量を切り替える機能も搭載する。レビューでは「最小の微風は非常に静か。モーターの音はまったく聞こえない。また、首を90度近く上向けて固定できるのも便利。直接風が当たるのを回避しつつ、上からふんわりと風が降りてきて快適」と評価されている。

その他2位~20位

 2011年に発売し、高級扇風機ブームの口火を切ったバルミューダは最新モデルが18位にランクイン。モデルチェンジしているため、表示されないが、過去モデルの満足度は総じて高い。また、売れ筋20位以内で満足度も高かったのが、アイリスオーヤマのサーキュレーター「PCF-C15T」だ。コンパクトで低価格、そして首を振ってもファンが周りのものにぶつからないなど、使いやすい構造が魅力だ。また、パナソニックは2位を筆頭に、7位、10位、17位と、多くの製品がランク入り。1万円以下のモデルから、2万円超の高級モデルまで、ラインナップの豊富さが注目だ。

まとめ

 売り上げランキングでは、比較的低価格な製品が上位に入りやすい傾向があるが、扇風機はDCモーター搭載の高級モデルが数多くランクインしていた。実際、1万円以下のサーキュレーターや低価格の扇風機は20台中7台のみで、逆に13台が1万円以上、2万円以上の高級モデルも5台含まれるなど、扇風機の高級志向は進んでいるようだ。これらの高級モデルは風量の調整が繊細にでき、さらに室内の空気の循環を促すなど、多彩な使い方ができる。これからの季節、新しい扇風機を購入するなら、これら高級モデルをチェックしたい。

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

PROFILE

栗山琢宏ライター

パソコンや家電製品などのほか、調理器具やベビー用品などモノ全般を得意とする雑食ライター。調理家電のレビューを行ううちに料理に目覚め、料理道具への偏愛もはじまる。料理道具は実際に料理してみた、リアルな使い勝手を重視する。Windows以前からパソコンを使いはじめ、デジタル機器や家電の動向を追い続けている。商品を買うときに比較検討しているときが至福。

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!