Editors' Choice

水深14mでも撮影できる! 防水・耐衝撃デジカメに新モデル リコー「WG-50」

  • 文・LockUP
  • 2017年7月3日

商品画像をクリックすると外部サイトへ移動します

 水中や雪山にもしっかり対応! スポーティーなデザインでも人気の全天候型カメラ、リコー「WG」シリーズに新モデル「WG-50」が登場した。

 夏のアウトドアシーンで活躍するのは、やはり防水機能。「WG-50」は、ハウジングなしでも水深14m下で連続2時間の水中撮影が行えるIPX8・JIS保護等級8級相当の本格防水機能を搭載。水中でもより自然な発色になる「マーメードモード」も備えている。IP6X・JIS保護等級6級相当の防じん性能もあり、海や川などでのレジャーに最適だ。

 さらに1.6mの高さからの落下に耐える耐衝撃性能や、マイナス10度でも作動する耐寒性能、100kgfまでの重さに耐える耐荷重構造を持ち、過酷なシーンでも気軽にスナップ撮影が可能。

 カメラとしての基本性能にもぬかりはない。広角28mm相当からの光学5倍ズームレンズ、有効約1600万画素、裏面照射型CMOSイメージセンサーや高性能画像処理エンジンにより、高精細でクリアな写真ができあがる。撮った写真をより印象深いものにする5種類の画像仕上げや、子どもの夏休みの自由研究に役立つ「デジタル顕微鏡モード」、「小顔フィルター」、建設現場などでの撮影に使える「CALSモード」など、便利な撮影機能も充実。

 この夏は「WG-50」を屋外活動のパートナーとして、思い出をたっぷり記録しよう。

⇒ この商品の価格を検索

 水深30mでの4K/30p動画撮影に対応したタフコンデジ「ニコン COOLPIX W300」。GPS、気圧、温度、方位の各センサーを装備したタフモデル「オリンパス Tough TG-5」。手軽な価格がうれしいアウトドアモデル「富士フイルム FinePix XP120」。

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!