Editors' Choice

音と光を楽しむインテリアスピーカー

  • 文・LockUP
  • 2017年7月7日

商品画像をクリックすると外部サイトへ移動します

 美しいインテリアにも見えるこのアイテム。実は、コーヒー関連器具やグラス、理化学用品などで知られる耐熱ガラスメーカー「HARIO(ハリオ)」から発売された、Bluetoothスピーカー「OTOHIKARI BTOH-1T」だ。

 搭載されたLEDライトの光にきらめく、繊細な耐熱ガラス製ツリーは、職人による手作り。コーヒードリッパー「V60」が、エンクロージャーとして機能するガラスシェードとなっているのもHARIOならではのデザインだ。音楽プレーヤーやスマホのペアリング、LED照明の点灯・消灯などの操作をするパネルは、スピーカー底面に配されている。なお、ガラスツリーはシェードの穴に差し込むだけなので、底面パネルを操作する際は簡単に取り外せるので安心だ。

 Bluetoothによる無線接続以外に、3.5mmステレオミニジャック音声入力端子も備えているので、オーディオケーブルを使った有線接続も行える。電源はUSBケーブルによる充電式で、4時間のフル充電で4時間の連続使用が可能。

 一日の終わりにこの「OTOHIKARI」で、ゆったりと流れる音楽とやわらかな光に癒やされるリラックスタイムを過ごしてみては?

⇒ この商品の価格を検索

24時間連続再生を可能としたポータブルモデル「Anker SoundCore 2」。360度に音が広がる「Bose SoundLink Revolve」。ソニーのガラス製スピーカー「グラスサウンドスピーカー LSPX-S1」。

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!