Editors' Choice

耳をふさがない! 骨伝導のBluetoothヘッドホン

  • 文・LockUP
  • 2017年8月10日

商品画像をクリックすると外部サイトへ移動します

 通勤中やランニングなどのエクササイズ時に、お気に入りの音楽をヘッドホンやイヤホンで聴いている人は多いはず。しかし、車内アナウンスに気づかずに乗り過ごした、近づいてくる車のエンジン音が聞こえなくて、危うく事故にあいかけたという人もいるのでは?

 そんな人にオススメしたいのが、外部音を聞き逃さずに音楽も楽しめる「TREKZ TITANIUM Bluetooth 骨伝導ヘッドホン」だ。振動を頭骨に与え、外耳や鼓膜を介さず直接内耳に音を伝える骨伝導技術を利用しており、耳をふさがずに音楽を聴くことができる。使用中、周囲の音は通常通りに聞こえるので、身の回りの状況を把握できるだろう。圧迫感や閉塞(へいそく)感が少ないため疲れにくく、汗をたっぷりかく運動時に耳の中が蒸れないのもポイント。

 気になるのは音質だが、独自技術「PremiumPitch+」により、広いダイナミックレンジと豊かな低音を実現。一般的なヘッドホンと同等のサウンドが楽しめる。また、骨伝導ヘッドホンで気になる音漏れも「LeakSlayer」技術により、最小限に抑えられている。

 ヘッドバンド部には100,000回以上の耐久テストをクリアしたチタニウムを採用、ボディーは約36gと軽量で、運動中でも違和感なく使えるだろう。バッテリーは約6時間の再生が可能なので、通勤の往復にも十分に耐えられそうだ。

 ⇒ この商品の価格を検索

 Bluetooth4.1に対応した耳かけタイプの「allimity 骨伝導 ヘッドホン」。反射素材を使用するなどランニングなどの使用を意識した有線モデル「パナソニック オープンイヤー骨伝導ヘッドフォン RP-HGS10」。サングラスとBluetoothヘッドホンを一体化した「allimity 骨伝導 スポーツサングラスヘッドホン」。

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!