Editors' Choice

南部鉄器で作るふわふわオムレツ

  • 文・LockUP
  • 2017年9月19日

商品画像をクリックすると外部サイトへ移動します

 400年以上の歴史を持ち、「国の伝統的工芸品」にも指定されている、南部鉄器。重厚な味わいが魅力的な、岩手県を代表する工芸品の一つだ。鉄瓶や風鈴などが有名だが、南部鉄器の良さを生かした現代風のキッチンウェアなども登場している。

 この「オムレット」は、1902年創業の盛岡の南部鉄器メーカー、岩鋳(いわちゅう)が制作したオムレツ用スキレット。流れるように滑らかなデザインが、オシャレなキッチンにもしっくりなじむ。前方が深くなっており、オムレツを仕上げるときに形が整えやすい。本体と一体の持ち手部分は、放熱がしやすいよう中央に空きが設けられている。サイズは22cmと24cmが発売されており、それぞれIHにも対応。

 南部鉄器は本体に厚みがあるので蓄熱性が高く、熱ムラができにくい。表面に無数の細かな凹凸があり、油なじみがいいので焦げ付きにくいのも特徴。また、普段の料理で鉄分を補給したいという人にもオススメ。価格は少し高めかもしれないが、きちんとお手入れして使えば一生使える道具だ。南部鉄器の「オムレット」で、美しくフワッとおいしいオムレツを楽しもう。

⇒ この商品の価格を検索

 昭和6年創業のしにせ洋食屋・日本橋たいめいけんのオムライス専用フライパン「たいめいけん オムライスパン」。誰でも簡単に整ったオムライスが作れる「マーブル 洋食工房オムフライパン」。本格的な3.2mm厚のプロ仕様フライパン「リバーライト 極 厚板フライパン」。

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!