約1時間で500mlの水生成も可能!! アウトドアで試したい“魔法のボトル”

  • 2017年10月13日

写真・図版

  

 大自然の中で楽しむトレッキングや登山、さらにサイクリング。休日ともなれば、家族や気の合う仲間たちと郊外へと足を運んでいる人も少なくないだろう。

 そんなシーンで意外と心配なのが、水の補給だ。事前に携帯できる水の量は限られることも少なくないし、飲料水の確保のためにコース選びに制限がかかってしまうのも残念な話。

 こうした不便を一掃してくれるのが、空気中の水分から飲み水を作り出してくれる魔法のようなデバイス 「Fontus(フォンタス)」だ。仕組みはいたってシンプルで、露が発生するメカニズムを応用させ、湿った空気を冷却することで水分を取り出す。

 自転車用と水筒型の2種類を用意。前者は自転車を走らせることで、後者は   ソーラーパネルで発電した電力を利用するので電池などのエネルギー源も必要としない。ある程度の気温と湿度のある場所なら、およそ1時間で500mlの水を生成できる。

 これなら、冒険心を刺激するコースを目一杯楽しむことだって不可能じゃない。自分を解放するアウトドアライフに出かけてみてはいかがだろうか。

【関連商品】

スタンレー クラシック 真空ボトル1.9L

ナルゲン OTFボトル

シグ トラベラー

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!