飛行時間最大10分!! 紙ヒコーキがスマホで操縦するラジコンに変身!?

  • 2017年11月8日

商品画像をクリックすると外部サイトへ移動します

 子ども時代、休み時間や放課後に友だちと目一杯遊んだ懐かしの紙ヒコーキ。あの頃のワクワクを大人になった今でも満喫したい。そんな人たちが泣いて喜びそうな、「PowerUp 3.0(パワーアップ 3.0)」は、紙ヒコーキをスマートフォンで操縦可能なラジコンに変えるキットだ。

 紙ヒコーキの先端にモジュールが付き、後端にはプロペラをセット。最大で55メートル離れた場所からスマートフォンでコントロールできる。連続で10分間飛行できるバッテリーも搭載。コントローラーとなる専用アプリの画面はコックピット風で、特別な知識や経験なしに本格的な操縦ができるのが魅力だ。

 専用の紙が一緒になったパッケージセットも販売されているが、もちろん自作の紙ヒコーキを使って飛ばすことだってできる。機体から制作するのも楽しいだろう。わずか数分で自分のアイデアの詰まった紙ヒコーキを飛ばせる喜び。子ども時代の夢をかなえる、またとない体験となるはずだ。

 また、子どもがいる親にとっては親子のコミュニケーションツールにもなるだろう。休日に近くの公園に子どもを連れていき、自分があの頃に体験したワクワク感を子どもと共有する。この秋冬、全国の子育て世代のマストアイテムになるかもしれない。

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!