くらべて選んで

型落ちを買うなら今! Amazonプリンターランキング

  • 文・コヤマタカヒロ
  • 2017年11月9日

商品画像をクリックすると外部サイトへ移動します

1位:EPSON カラリオ PX-049A

[PR]

 2017年も残り二ヶ月となり、早い人はそろそろ年賀状の準備も始める季節。自宅で年賀状を作っているという場合に欠かせないのが、家庭用のインクジェットプリンターだろう。普段、写真や文書を自宅でプリントしなくても、年賀状だけはプリントするという方も多いのではないだろうか。今回は、お買い得品がズラリと並ぶ、アマゾンのインクジェットプリンターランキングを紹介しよう。

参考:インクジェットプリンタの売れ筋ランキング(10月31日10時時点)

1位:EPSON カラリオ PX-049A

 2016年発売の4色顔料インクを採用した複合機エントリーモデル「EPSON カラリオ PX-049A」。無線LAN機能を備えており、スマートフォンやタブレットからのプリントに対応している。発売から時間が経過したことにより、1万円を大きく割る価格(調査時6,395円)にまで低価格化し、ランキング1位となった。写真印刷のクオリティを求めるには力不足だが、ハガキ印刷や日常的な文書印刷ニーズには十分な性能を搭載している。この価格なのにスキャン機能も搭載した複合機で、文書コピーにも対応するのもポイントだろう。文書印刷メインなら狙い目だ。

2位:Canon PIXUS iP2700

 2010年に発売されたプリント専用機「Canon PIXUS iP2700」。インクは顔料系と染料系を組み合わせた4色インクを採用している。本体価格3千円台という圧倒的な安さが魅力のモデルだ。ただし、トレンドでもある無線LAN機能やメモリカードの読み取り機能などは搭載せず、USB接続したパソコンからのプリントにのみ対応している。とにかく安く印刷環境を用意したいという価格重視派に適している。

3位:EPSON カラリオ EP-879AW

 高いクオリティでの写真印刷ができる6色インクを採用した複合機「EPSON カラリオ EP-879AW」。2.7型液晶モニターを搭載しており、PCレスでの印刷にも対応。無線LAN機能に加え、両面印刷機能なども搭載した多機能モデルだ。後継となる2017年モデル「EP-880」は13位にランクイン。最新の「EP-880」は27,000円(調査時)、型落ちの「EP-879」は13,799円(調査時)と1万円以上も価格差がある。画質に大きな差も感じられず、機能と画質を求める人には非常にお得なモデルだといえる。

4~20位

 各社から最新モデルが発売された後ということもあり、上位に入ったのは昨年発売の型落ちモデル。その多くが1万円以下で購入することができる。純正インクのセットが5千円程度であることを考えると、数年使ったモデルなら買い換えを考えてもよさそうだ。

 立ち位置の異なるのは、17位のブラザー「MFC-J737DN」、18位のエプソン「PX-M5080F」、20位のエプソン「PX-M5081F」などのビジネスモデルだ。これらはFAX機能も搭載したビジネス向けの複合機。エプソンはA3プリントにも対応している。少し前は「ビジネスならレーザー」というイメージが強かったが、SOHOや印刷物の少ないスモールオフィスなら、インクジェットも選択肢に入ってきている。これらは2017年発売の最新モデルで、機能面やランニングコストの安さで人気のものだ。

まとめ

 プリンターの買い替えというと年賀状の季節という人も多いだろう。ちょっと早めに動くと、よりお得な型落ちモデルが選べる。10月末時点では大半が昨年モデルだったため、ランキング上位も低価格だった。年末に向かって安いモデルから売れていくため、プリンターの買い替えを考えているなら早めがよさそうだ。

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

PROFILE

コヤマタカヒロフリーライター

小学生の長女を筆頭に幼稚園児、未就学児の3女を育てるパパライター。専門分野はデジタル製品と家電機器なので、家事や子育てにもそれらを駆使して奮闘中。自宅事務所で働くフリーランスで、子育てにも積極的に参加中。

今、あなたにオススメ

Pickup!