写真のツボ

スマホで簡単! 料理をおいしく撮る3つのコツ

  • 文・写真 LockUP大塚
  • 2017年12月5日

おいしいケーキや料理を、SNSで自慢しよう!

 おいしいケーキに豪華な料理! クリスマスや年末年始は、SNSでスイーツや料理を自慢したくなることも多いのでは? 今回は、そんなシーンをよりおいしそうに見せる「料理フォト3つのコツ」をご紹介します。

 料理写真を撮るときのテクニックはいろいろありますが、今回押さえたいポイントはこちらの3つです。パーティーや食事会に行く前に、ぜひチェックしてください。

(1)ツヤをチェック

(2)アップで撮る

(3)できたてを撮る

(1)ツヤをチェックしてみよう

 料理をおいしそうに見せるポイントのひとつが「ツヤ」です。雑誌などのレシピページに載っている写真を見ると、どの料理もツヤがありおいしそうですよね。みずみずしいフルーツやジューシーなお肉などが光を反射すると、フレッシュな印象の写真になります【作例①】。

【作例①】ツヤがないと、ストロベリーソースの透明感やフレッシュ感が伝わらない

 このツヤを狙って出すためには、まずは「光の方向」をチェックする必要があります。といっても、光を意識するのは最初はなかなか難しいもの。まずは、簡単にキレイに撮れるパターンをご紹介しましょう。

 手軽にキレイな写真が撮れるオススメスポットは、昼間の窓際テーブル席です。【作例②】のようなカフェならバッチリですね。そして、窓が横か正面にくるように座るのがポイントです。外からの光が料理にあたるとき、逆光や半逆光になるような席を選びましょう。

【作例②】昼間の窓際で、窓が見える席で撮るのがベスト

 この状態で写真を撮ると、窓からの光が料理に反射して美しいツヤが現れます。同時に影も出ることで、立体感がある魅力的な写真となるのです。

 ここで、うっかり窓を背にして座ってしまうと、正面から料理に光があたり、ベタッとした雰囲気のない写真になりがちです。必ず窓が見える位置に座ってください。

 さて、窓がない席や夜の場合はどうしたらいいのでしょうか? そんなときは、近くの明るい照明をチェックしましょう。料理をライトとカメラの間に置くようにすれば、ツヤが見つかりやすくなります。

 そして、おいしく見せたいなら、カメラのライト/ストロボはNGです。正面からの強い光をあてると、全体が均一でベタっとなり料理の魅力が失われてしまいます【作例③】。暗すぎて撮れないような場面以外では、できるだけ使わないのがオススメです。

【作例③】ストロボで撮った失敗例。形は分かるがおいしそうには見えない

(2)アップで撮ろう

 さて、ツヤの具合はバッチリですね? それではさっそく撮影してみましょう。このとき注意したいのは「アップで撮る」を心がけることです。ほとんどのスマホカメラは広角タイプのため、そのまま撮ると周囲が大きく写りこんでしまいます。テーブルの雰囲気を見せるならこれでもいいのですが、料理そのものの魅力を伝えるには邪魔なものが多すぎますね【作例④】。

【作例④】思い切り料理に近づいた方が、迷いなく魅力を伝えられる

 まずは料理にスマホを近づけてみましょう。お皿全体が写る必要はありません。食材のおいしさが伝わるように、グイッと近寄ってみてください。さらにスマホのズーム機能を使うのもよいでしょう。アップにしすぎると写真が荒くなってしまうこともありますので、見栄えを調整しながらズーム機能を使いこなしてください【作例⑤】。

【作例⑤】たいていのスマホはデジタルズームに対応している。2本の指で拡大するだけでアップに

 もちろん、単純にアップにすればいいというわけではありません。「この料理のイチオシはどこかな?」「一番おいしいのはここかな?」と、料理を味わうつもりで一番おいしそうな場所を探しましょう。

 手軽にインスタ映えする写真を狙うなら、いつもと違う角度から超アップで撮影する小技がオススメです。例えばケーキを撮影するなら、普通に斜め上から見るのではなく、正面真横から写してみてはいかがでしょうか。チョコのコーティングにフルーツが映りこんで、インパクトの大きい写真になりますよね【作例6】。

【作例⑥】みんなが撮らない角度で狙ってみるのが、ひと味違う写真を撮るコツ

(3)できたてを撮ろう

 最後に、料理の写真で重要なのが、「できたてをすばやく撮る」ことです。アレコレとレイアウトや角度を考えてモタモタしていると、ツヤ感がなくなってしまいます。

 なにより、せっかくのごちそうなのですから、サッと撮っておいしいうちに味わいたいですよね。

 おいしいうちに料理を撮るなら、まずはどんな写真にしたいのかを頭の中でシミュレーションしておきましょう。丸めたハンカチなどで光のあたり方をチェックし、カメラの設定をしておけば準備は完了。あとは料理が届いたらサッと撮るだけです。

 あなたのタイムラインをおいしい写真で埋め尽くしてくださいね!

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!