気になるオーディオグッズ

CDもラジオもスマホの音も! 進化を続けていたミニコンポ

  • 文・武者良太
  • 2017年12月8日

商品画像をクリックすると外部サイトへ移動します

元オーディオ御三家の1つ、サンスイのBluetooth対応ミニコンポがいまでも新品で手に入る!

  • サンスイのミニコンポ「SMC-300BT」のアンプには真空管も使われている。電源を入れるとほのかに光るオレンジ色が美しい

  • 薄型のBluetoothスピーカーのいでたちだが、ラジオとしても、CDプレーヤーとしても使える一体型コンポ「CMT-X7CD」

  • スピーカーとレシーバーがセパレートで、自由なレイアウトが楽しめるオンキヨー「X-U6」。パソコンと直結させる機能も搭載

[PR]

 CD全盛時代に大流行したミニコンポを覚えていますか。CDプレーヤー、ラジオチューナー、アンプが一体となったボディーに、左右のスピーカーが組み合わさるコンパクトな3ピースオーディオ機器です。

 レコードプレーヤーも組み合わせられるオーディオコンポは横幅470mm前後のフルサイズが中心でしたが、設置面積が広くなりがち。リビングにしか置けないケースが多々ありました。しかしミニコンポは書斎や子供部屋にも置けましたし、一人暮らしのワンルームでも音楽を楽しめるとあって大ヒット。多数のモデルが発売されました。

 以後もミニコンポはMDデッキ、iPod接続機能などを搭載し、モデルチェンジを繰り返してきました。そして現代はBluetoothなどの通信機能を備え、スマートフォンのワイヤレススピーカーとして使えるモデルが登場しています。

 スマートフォンを音楽プレーヤーとするなら、CDプレーヤーなどの機能は必要ないのでは? と思う方もいるでしょう。でも、それは違います。私たちがいままで収集してきたお気に入りのCDアルバムを聴くという楽しさは決して色あせないもの。スマートフォンに収録した、自分好みの曲を集めたプレイリストや、ランダム再生とはまた違った高揚感をもたらしてくれるものなのです。

 もしみなさんが多くのCDアルバムを収集してきた、またはデジタルファイル全盛時代でも大好きなCDアルバムを手放したくないというなら、スマートフォンとの連携機能を持ったミニコンポで音楽を楽しんでみてはいかがでしょうか。

真空管&デジタルアンプでサウンドに豊かさをもたらす「SMC-300BT」

 古くからオーディオが好きな方なら、サンスイの名前はご存知でしょう。山水電気そのものはなくなってしまいましたが、ブランドはまだ存在。Bluetoothスピーカーやイヤホン、ビンテージスタイルなオーディオ機器をリリースしています。

 「SMC-300BT」は同ブランドのHi-Fiオーディオアイテムです。真空管&デジタルのハイブリッドアンプを搭載、和紙の振動板を用いた2WAYスピーカーをドライブします。

 CD、USBメモリ内のデジタルファイル、ラジオ(FM)、Bluetoothに対応。2系統のアナログ入力端子も備えており、拡張性も兼ね備えています。

薄型ワンボディーながら余裕のある機能と音質「CMT-X7CD」

 まるでオブジェのようなスタイリッシュデザインを身にまとっていますが、こちらのソニー「CMT-X7CD」もCDプレーヤーを内蔵したミニコンポです。しかもスピーカーは2WAYでアンプのパワーは計40W。ダイナミックなサウンドを繰り広げられます。

 対応する音源はCD、ラジオ、USBメモリ内のデジタルファイル、パソコン、スマートフォン。専用アプリを使うことで、インターネットラジオの受信も可能となります。

 またワイヤレスはBluetoothだけではなく、無圧縮音源の伝送も可能な無線LANもサポートします。圧縮音源も高品位にコンバートするDSEE機能も搭載しています。

モダンデザインの3ピースミニコンポ「X-U6」

 つなぎ目を無くしたシームレスなフォルムゆえに、どんなインテリアにもマッチ。オンキヨー「X-U6」は、リビングでも、書斎でも、寝室でも、心地よいサウンドで満たせます。2WAYスピーカーを駆動するアンプは計30W。十二分なパワーを持ちます。

 フロントにはCDプレーヤーとトレイとUSBポートしかありませんが、オーディオセンターとしての性能は高め。このUSBポートはUSBメモリだけではなく、iPod・iPhone・iPadとのデジタル接続や、パソコンとのデジタル接続にも対応。USB DACとして使えます。

 ほかにもBluetooth、FMラジオを内蔵。アナログ音声入力端子も備えています。

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

PROFILE

武者 良太フリーライター

フリーライター。1971年埼玉県生まれ。オーディオ、IT、スマートフォンなど、多分野のガジェットに通じるフリーライターとして、雑誌・WEBを問わず多くの媒体に寄稿している。オウンドメディアの設計・編集・執筆にも携わる。元Kotaku Japan編集長。

今、あなたにオススメ

Pickup!