“自家製”の焼き芋を手軽に作れるホットプレート「焼き芋メーカー」

  • 2017年12月29日

商品画像をクリックすると外部サイトへ移動します

 冬の風物詩の一つ焼き芋。移動販売車はめっきり減ってしまったが、スーパーやコンビニでも扱っており手軽に味わえるようになった。ただ、こだわり派の方には、ぜひとも“自家製”の焼き芋に挑戦してみてもらいたい。

 今年9月にドウシシャが発売した「焼き芋メーカー Bake Free」は、焼き芋づくりに特化したユニークなホットプレート。付属の焼き芋プレートにさつま芋を入れ、ダイヤルでLOW(約100℃)からHIGH(約200℃)の間で温度調節し焼きあげる。HIGH設定であれば、約40分でできあがり。アルミホイルに包む手間もいらず、簡単においしい焼き芋を自宅で楽しむことができる。

 焼き芋プレートは、直径6cm×長さ22cmまでのさつま芋が二つ収まるように設計されている。表面に凹凸がついたプレートで、上下から包み込むように焼くことで、さつま芋に熱が均等に伝わり、外はパリッと中はしっとりと甘さ際立つ焼き芋に仕上がるというわけだ。さつま芋以外にも、とうもろこしやじゃがいもなどに利用できる。

 商品名は「焼き芋メーカー」ではあるが、実は“焼き芋専用”ではない。「平面プレート」を使用すれば、通常のホットプレートとして、アップルパイやホットサンド、肉、魚など様々な食材をおいしく焼くことができる。付属するオリジナルレシピブックを併用することで、料理の幅がグッと広がりそうだ。

 おやつの焼き芋だけでなく、食事づくりにも一役買う実用性の高さで重宝しそうな「焼き芋メーカー」。冬だけとはいわず、オールシーズン手軽に料理を楽しめそうだ。

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!