気になるオーディオグッズ

音質にこだわるスマートスピーカー

  • 文・武者良太
  • 2018年1月9日

商品画像をクリックすると外部サイトへ移動します

センターテーブルなどに置いても音楽を聴きやすいように、音が全方位に広がる設計がされている「LF-S50G」

  • ディフューザーを用いることで音を拡散。どの位置から聴いても音の輪郭が整っている

  • 「JBL LINK20」ポータブルだけどスマートスピーカーの機能も持つという、ほかにはないモデル

  • 壁際に置くのであれば、イチオシは「VC-GX30」。リアルな低音が気持ちいい

[PR]

 最近、「AIスピーカー」「スマートスピーカー」という言葉を見ることが増えたように思いませんか? これはインターネット接続機能を持ち、クラウドAIを使って音声コントロールができるスピーカーのこと。天気予報を聞いたり、アラームをセットしたり、最新ニュースを読み上げてくれる、かしこいスピーカーなのです。

 また対応機器と組み合わせることで、部屋の照明を消したり、家電を操作したり、鍵をかけたり、カーテンを開け閉めすることも可能。しかも全部音声でコントロールできるのです。

 各種音楽配信サービスにも対応していますよ。「元気がでる音楽をかけて」といったように話しかけると、ベストな選曲をしてくれます。

 今年はGoogle、Amazon、LINEといった企業から数多くのスマートスピーカーが登場しました。しかしプラットフォーマー製のモデルはいずれも音質がイマイチ。できるだけ多くの人に使ってもらおうという商品設計ゆえに、安価であることが求められていますから仕方がないところですが。

 そこで注目したいのがオーディオメーカー製のスマートスピーカーです。餅は餅屋といわんばかりに、いずれも音質性能を高めてきています。

360度全方位に音が広がる「LF-S50G」

 2015年からいち早くこの分野に取り組んでいたのがソニーです。ロボットとしての機能も持ち、音楽を再生すると動く・踊るというかわいいモデルでしたが、スマートフォン経由でしかインターネットに接続できずに、日の目を見ることができませんでした。しかし、当時のモデルで使われていたディフューザーやジェスチャー機能などの技術は、このGoogleアシスタント搭載スマートスピーカー「LF-S50G」にも受け継がれています。

 スピーカーユニットはフルレンジとサブウーファーの2機。対向配置にして、中央部に音を拡散させるためのディフューザーを組み込んでいます。全方位に音を拡散させることができるので、部屋のどこにいても音楽を楽しむことができます。

 サブウーファーの効果は圧倒的。音の軸がしっかりとしているから、ジャズやクラシック曲を鳴らしても満足度が高い。Bluetooth機能も内蔵し、Spotifyなどのサービスの曲だけではなく、スマートフォン内の曲を転送して聴くこともできます。

バッテリー内蔵で防水性能も高い「JBL LINK20」

 スマートスピーカーの大半はバッテリー非内蔵。基本的に据え置きで使う製品ゆえにポータブル性は考えられていません。しかしこの思想だと、コンセントのある場所でなければ使えないという弱点があります。

 Googleアシスタント搭載スマートスピーカー「JBL LINK20」は違います。どこでも使えるポータブルBluetoothスピーカーを作り続けてきたJBLの製品だけあって、バッテリーを内蔵していますし、防水性能も高くなっています。アウトドアでも、キッチンでも、バスルームでも使えるモデルなんですよ。

 内蔵しているスピーカーユニットはフルレンジが2機。サウンドはパワフルで、ドラムの質感が高いもの。「Google Play MusicでJAZZステーションを再生」「Spotifyで最新のヒット曲を流して」と話しかけるだけで、ゴキゲンな音楽が流れ出てきます。

 もちろんBluetoothスピーカーとしても使えます。旅行先にもスマートスピーカーを持っていきたいというなら、コレしかありませんね。

大型ウーファーが作り出すホンモノの低音を「VC-GX30」

 80mmウーファー&20mmツイーターを搭載する、本格的なGoogleアシスタント搭載オーディオスマートスピーカーがオンキヨーの「VC-GX30」です。アンプもハイパワーで駆動力が高く、ゴリゴリっとした音色の質感がお見事。押し出し感の強さは今回紹介したモデルの中でもトップクラスです。また高域もシャープで透明感があり、オーディオ好きな方も感心しちゃうほど。

 大きめのボリュームで音楽を再生していても、音声コントロールがしやすいのもポイント。純粋な音響機器メーカーだからこそ、マイクの搭載方法にも一工夫がされているんですね。

 オンキヨー、パイオニアブランドのワイヤレススピーカー、サウンドバー、AVレシーバー、ハイファイシステムとの連携もばっちり。「リビングでジャズを再生して」と話しかければ、ほかの部屋にある連携スピーカーで音楽を楽しめますよ。

関連商品

画像をクリックすると楽天市場/Amazon/yahoo!ショッピングの商品検索ページへ

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

PROFILE

武者 良太フリーライター

フリーライター。1971年埼玉県生まれ。オーディオ、IT、スマートフォンなど、多分野のガジェットに通じるフリーライターとして、雑誌・WEBを問わず多くの媒体に寄稿している。オウンドメディアの設計・編集・執筆にも携わる。元Kotaku Japan編集長。

今、あなたにオススメ

Pickup!