ダイソンのデザイナーが設計した、たためるザル 「アルマジロコランダー」

  • 2018年1月5日

商品画像をクリックすると外部サイトへ移動します

 調味料に食器、調理器具など大きさや形が異なるアイテムがひしめくキッチン。限られたスペースの中で、シンプルかつ機能的な収納を目指す際、特に厄介なのが「ざる」の存在だ。

 場所を取るにもかかわらず用途は限定的、何とかならないものか……。そこで紹介したいアイテムが、掃除機で有名なダイソンのデザイナーが設計した“たためる”ざる「アルマジロコランダー」だ。

 同商品は折りたたむことで通常時のおよそ1/10のサイズに小さくなる。厚みも1.6cmと薄いので、引き出しはもちろん壁につるすこともできる。さらに、アルマジロの背中を思わせるステンレス鋼板が重なり合うフォルムに、鮮やかなグリーンのリング状ハンドルを組み合わせたスタイリッシュなデザインは、「見せる収納」として大いに力を発揮してくれそうだ。

 また、左右のハンドルを持ちながら内側に力を入れると、ざる部分をたわませることができる。たとえばゆで上げたパスタを皿に盛りたい時。アルマジロコランダーをたわませながら開口部分を狭くすれば、少量ずつパスタを皿に盛り分けることも容易に可能だ。

 衛生面や安全面もバッチリ。素材のステンレス鋼板は、不純物を取り除くために特別な熱処理が施されている。リングは人体への悪影響を及ぼす可能性があるビスフェノールAを含まない「BPAフリー」。手洗いと食洗器対応可能である点も魅力的といえよう。

 機能性と優れたデザイン性を兼ね備えた新しいキッチンツールで、キッチン収納を美しく彩れば、日々の家事も楽しくこなせること間違いなしだ。

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!