写真を“プリント前”に加工できるチェキ最新作

  • 2018年1月29日

商品画像をクリックすると外部サイトへ移動します

 最近、フィルムカメラで撮影したようなレトロな写真をよく見かけないだろうか? Instagramなどで、デジタルにはないアナログならではの風合いが見直されているのだ。

 そうした“インスタ映え”する写真を撮影する際にオススメなのが、富士フイルムの「instax SQUARE SQ10」。撮ったその場ですぐにプリントできるインスタントカメラinstax 「チェキ」シリーズの最新作だ。

 最大のポイントはプリント前に写真を確認し撮り直せるようになったこと。さらに、長方形ではなく、正方形でプリントできる専用のフィルム「instax SQUARE Film」を採用。インスタにもなじむ正方形写真がチェキで味わえるというわけだ。

 デジカメやスマホのような機能性の高さも大きな魅力。instaxシリーズ初のデジタルイメージセンサーとデジタル画像処理技術を搭載したことで、自動露出調整や人物検出、オートフォーカスといった機能が追加された。また、室内などの暗い場所や逆光下、10cmまでの近距離撮影も可能に。

 プリント出力前の画像編集・加工を実現した点も見逃せない。色味や彩度の異なる10種類のフィルター機能、画像の四隅の明るさを19段階で調整できるビネット調整機能、19段階の明るさ調整機能などを搭載し、自分好みの写真表現を追究できる。

 例えば、フィルター機能で、彩度を落として黄色みを強調し、ビネット調整機能で写真の四隅の光量を落とすエフェクトをかければ、ノスタルジックな雰囲気あふれるレトロな写真に仕上げられる。アーティスティックな写真表現にこだわりたい人にはうってつけだ。

 microSDカードには対応するものの、Wi-Fiでの画像転送には対応していない。だが、紙焼き写真を簡単にスキャンできるアプリ(たとえば「フォトスキャン by Google フォト」)を使えば、手間なく画像をスマホに取り込めるので、その点は心配無用。撮影した写真をLINEなどで共有でき、使い道がグッと広がる。

 アナログとデジタルの“いいとこどり”の「instax SQUARE SQ10」。手軽に高画質かつ遊び心あるクリエーションを楽しめるよう進化したチェキを手に、思い出の一枚を残してみてはいかがだろう。

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!