今こそコードをスッキリ収納! シンプルで安全なケーブルボックス

  • 2018年2月16日

商品画像をクリックすると外部サイトへ移動します

 複数のコードが絡まりごちゃごちゃしがちな電源タップ周辺。見た目が美しくないだけでなく、たまったほこりが原因で発火する可能性もあり安全とは言えない。あなたの職場のデスクまわりや自宅の家電密集エリアの配線状況は問題ないだろうか?

 エレコムの「燃えにくいケーブルボックス」を使えば、中に電源タップを収納するだけでスッキリな見た目に早変わり。天面にはコードを通せるケーブルホールが2カ所にあり、ボックスの上に置きながらスマートフォンを充電させることもできる。配線が見えないのはもちろん、インテリアを邪魔しないシンプルなデザインも魅力的だ。

 優れているのは見た目だけでなく機能性も。メーカーによると、こうしたボックスを使用すると、電源タップとプラグにほこりを寄せ付けないので、ほこりを起因として発火するトラッキング現象の防止に役立つという。加えて、このケーブルボックスは側面にスリットが入っており通気性が高く、内部の温度上昇を緩和してくれる。

 燃えにくい樹脂を使用し、燃えにくさの指標を示す規格「UL-94」に基づいたグレードのうち、垂直燃焼試験グレード「V0」、水平燃焼試験グレード「HB」をクリア。垂直方向と水平方向に燃え移りにくさと自己消火性を兼ね備えているという。もちろん完全に延焼を防ぐものではないが、難燃性が高いというのは万が一の際を考えると心強い。

 ラインナップは、6個口の電源タップが収納できるサイズと4個口の電源タップが収納できるサイズの2タイプ。カラーはブラックとホワイトの2色だ。

 記録的な寒さが続く今年の冬。消費電力が大きい暖房器具を使用する機会が増えるので、配線器具による火災には気を付けたいところ。火災発生の危険性を抑える工夫を施した「燃えにくいケーブルボックス」で配線を見直してみては?

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!