後悔しないモノ選び

スマホと一緒に持ち歩ける新感覚財布!

  • 文・横山博之
  • 2018年3月20日

商品画像をクリックすると外部サイトへ移動します

アッソブ「レザーモバイルウォレット」。W19×H10cm

  • スマホが入る専用ポケットを装備。小銭入れは外側に付き、すぐに出し入れできる。

  • ポーター「ポーター プリュム ウォレット」。W20×H9.5cm

  • 内装にスマホを収納できるスペースを用意。起毛生地が張られている。

  • ラクニ「PUレザーケース ポケットタイプ」。W7.2×H14×D2cm

  • ポケット内に小銭や紙幣、カギなどを収納可能。iPhoneと一緒に持ち歩ける。

[PR]

 メーカーの新作や販売店の動向からうかがえるのが、財布のコンパクト化だ。スマホやカードによる電子決済が普及し、現金を必要とするシーンが減った現状が背景にある。さらにはその延長線上として、スマホも財布も出歩く際の必携品であることから、両者を一緒にまとめてしまおうという動きも加速。フィンテックの進化により、財布の形も役割も変わりつつある。

アッソブ「レザーモバイルウォレット」

 機能性に優れたバッグや小物を得意とするアッソブの「レザーモバイルウォレット」は、モバイルポケットスペースを設けた長財布だ。5.5インチなど、大型のディスプレイを備えたスマホも収納可能。L字ファスナーでサッと取り出せるので、スマホケース感覚で利用できる。コインケースは背面にあり、外側に向かってマチが広がる作りなので、硬貨が増えてもスマホを圧迫しにくい構造も考えられている。ホックボタンで開閉する内側には、14枚分のカードとお札を収納可能。素材にはベジタブルタンニンレザーが使われ、使うほどに味わいが増していく。

エレガンス漂うポーター「ポーター プリュム ウォレット」

 スマホを収納できる利便性を求めつつ、やはり財布にはクラス感がほしいという人には、ポーター「ポーター プリュム ウォレット」がおすすめだ。メイン素材にキップレザーを採用し、四方揉みと呼ばれる加工によって自然な風合いのシボを表現。美しい輝きのあるエクセラファスナーも使い、高級感にあふれている。スマホは、内装のササマチポケットに収納可能。起毛生地を使うことで、スマホに小キズが付くのを防いでいる。札入れは、収納しやすい作りながら縫製に手間のかかる風琴マチ仕様であることも、品質の高さを感じるポイントだ。

ラクニ「PUレザーケース ポケットタイプ」

 iPhoneと財布機能の融合にいち早く着手していたのが、ラクニだ。ニーズに合わせて多彩なバリエーションを取りそろえているが、この「PUレザーケース ポケットタイプ」はiPhone 7/8に装着できるケースにポケットを備えたモデルだ。内側にはメイン収納と1つのポケットがあり、小銭や折りたたんだ紙幣、カギなどをしまっておける。ポケットは中央部分でケースと接合しているため、両端を指で押して開口部を歪め、硬貨を滑らして取り出すこともできる。全体に角シボの型押しを施し、上品に仕上げている点も特徴だ。ストラップがついているため、落下防止にも役立つ。

 すべてがシンプルに、便利に変わっていく時代。財布の形も見直してみてはいかがだろうか。

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

PROFILE

横山博之(よこやま・ひろゆき)ライター

カバン、靴、時計、革小物、アウトドアギアなど、こだわりのライフスタイルを彩るに欠かせないモノに詳しいライター。デザイナーやディレクター、職人、経営トップなど、モノづくりに関わるキーパーソンへのインタビューも豊富にこなす。時代を塗り替えるイノベーティブなテクノロジーやカルチャーにも目を向ける。

今、あなたにオススメ

Pickup!