超軽量仕様で持ち運びも可能 オールインワンの組み立て式レコードプレーヤー

  • 2018年6月20日

商品画像をクリックすると外部サイトへ移動します

近年、レコードが静かなブームだ。日本レコード協会によると、2017年のレコード年間生産数が01年以来となる100万枚を突破、今年3月にはソニー・ミュージックエンタテインメントから29年ぶりにレコードタイトルが発売された。デジタル音源にはない温かい音に惹(ひ)かれる人が多いのだろう。

しかしスマホで気軽に音楽を楽しむ世代の人たちにとって、実際にレコードで音楽を楽しむとなると、プレーヤー本体をはじめ各種機材をそろえる必要があるなど、結構“ハードル”が高いもの。そこでオススメしたいのが、自身で組み立てるポータブルDIYレコードプレーヤー「SPINBOX(スピンボックス)」だ。

「SPINBOX」は、パッケージに含まれるターンテーブル・モジュール、サウンド回路、電源回路、アンプ、スピーカーなどを組み立てて配線するだけで、スピーカー内蔵のポータブルレコードプレーヤーが完成するオールインワン設計。手順に従って組み立てれば、約20分で出来上がる。価格も15,000円(税抜き)とお手頃だ。

持ち運べるという特長も大きな魅力。外装には、丈夫で耐水性の高い紙素材が使用され約1.2kgと軽い。さらに、接続端子にはmicro USB端子搭載で、モバイルバッテリーから電源を確保できるので、室内はもちろん屋外の幅広いシーンで活躍が期待される。

再生は33 、45 、78 回転からモード選択が可能で、7、10 、12 インチのレコード盤に対応。本体カラーは、ブラック、キャラメル、マーブル、キャンバスの四つ。

「SPINBOX」によって、場所や価格にとらわれることなく、より簡単にレコードを楽しめる環境が整った。これを機にアナログ音源の良さを改めて実感してみてはいかがだろう。

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!