くらべて選んで

もはや主流はスティック型!最新掃除機ランキング

  • 文・栗山琢宏
  • 2018年8月17日

商品画像をクリックすると外部サイトへ移動します

1位:ダイソン Dyson V8 Fluffy SV10FF2

[PR]

多くの生活家電の中で、近年最も大きな変化が起きているのが掃除機だろう。メインユースの掃除機の座はキャニスター型からスティック型へと移行。ダイソンを中心とした高性能なスティック型掃除機が使い勝手で支持を集めている。さらにはロボット掃除機の存在感も大きくなっている。今回は価格.comの掃除機人気ランキングを解説する。

参照:価格.com 掃除機人気売れ筋ランキング(8月6日時点)

1位:ダイソン Dyson V8 Fluffy SV10FF2

最も高い人気を集めたのは「Dyson V8 Fluffy」。2位と16位に入った「V10」が出るまで長くフラッグシップモデルとして降臨しており、ユーザーの評価も高い。上位モデルとなる「V10」が登場したことにより価格面でも買いやすくなったのが人気になったポイントだと言えそうだ。価格.comでの最安値は4万1802円で、2位の「Dyson V10 Fluffy SV12 FF」の最安値5万8989円と比べても2万円近く安い。評価は4.26と非常に高い。

3位:マキタ CL107FDSHW

工具メーカーマキタによるコスパが人気のコードレスタイプ、スティック掃除機の「マキタ CL107FDSHW」。 10.8Vのリチウムイオンバッテリーを使用するタイプで、フル充電で最長約25分間の使用が可能。紙パック方式を採用しており、ゴミ捨ての手軽さがポイントだ。本体質量は1.1キロと非常に軽く、取り回ししやすいのが魅力。なお、モーターヘッドやヘッド内ブラシなどは搭載していないため、毛の長いカーペットには不向きだ。

4位:日立 パワーブーストサイクロン PV-BEH900

「マルチすき間ブラシ」「ミニパワーヘッド」「スマートホース」など付属ツールが充実しているのが特徴の「日立 パワーブーストサイクロン PV-BEH900」。オプションパーツを活用することで、床面だけでなく、棚の上や家具のすき間、階段、車の中など、どこでも手軽に掃除できる。本体は手持ちだけでなく肩掛けできる仕組み。排気を左右に変えられたり、暗いところを照らせるLEDライトを装備したりするなど、かゆいところに手の届く便利なコードレススティック掃除機だ。

その他の注目モデル

7位に入ったのは、ボタンを押すだけで簡単に床拭きをしてくれるお掃除ロボット「iRobot ブラーバ380j」。水拭きができるウェットモードと、から拭きができるドライモードを搭載しており、フローリングの床に残ったホコリや食べこぼしなどをきれいに掃除してくれる。「iAdapt2.0 キューブナビゲーション」により広い部屋でも家具の配置なども把握しながら、隅々まで掃除してくれるかしこいモデルだ。素足で歩くことの多い夏にピッタリだろう。

まとめ

ランキングの結果は、20位中、8モデルがダイソンという、圧倒的な人気を示した形になった。今年の春に新型の「V10」シリーズが発売されたため、従来モデルも含めて人気が集まった形だ。タイプ別ではキャニスター型が3台。そしてロボット型が4台。残りはすべてコードレススティックという結果になった。ロボット掃除機はルンバが3台に同じアイロボット社のブラーバが1台とこちらも一社独占の様相だ。ダイソンが人気なのは当然だが、それ以外のメーカーでは、4台がランクインした東芝が人気。9位の「東芝 トルネオ ヴイ コードレス VC-CL1400」 が最上位だが、十分な性能を搭載しながら最安値3万円台で購入できるのは非常にお得だと言える。

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

PROFILE

栗山琢宏ライター

パソコンや家電製品などのほか、調理器具やベビー用品などモノ全般を得意とする雑食ライター。調理家電のレビューを行ううちに料理に目覚め、料理道具への偏愛もはじまる。料理道具は実際に料理してみた、リアルな使い勝手を重視する。Windows以前からパソコンを使いはじめ、デジタル機器や家電の動向を追い続けている。商品を買うときに比較検討しているときが至福。

今、あなたにオススメ

Pickup!