後悔しないモノ選び

ここまで進化した! 自慢したくなる高性能クオーツ時計

  • 文・横山博之
  • 2018年8月21日

商品画像をクリックすると外部サイトへ移動します

グランドセイコー「SBGX263」。ケース径37mm、10気圧防水

  • 「SBGX263」に搭載されたキャリバー9F62は、クオーツを超えたクオーツとも呼ばれる

  • ブローバ「プレシジョニスト」シリーズ

  • リューズトップに描かれた音叉ロゴがブローバのアイコンだ

  • ロンジン「コンクエスト V.H.P. L3.716.4.56.6」ケース径41mm、5気圧防水

  • 端正な顔つきで、使用シーンを選ばないのも特徴だ

[PR]

1970年代前半に普及して以降、腕時計のムーブメントとしてスタンダードとなったクオーツ。機械式より格段に優れた精度や量産化による製造コストの安さが魅力だが、各メーカーはさらなる正確さを追求し、今もなお高性能化が進められている。たとえば、シチズンでは光発電エコ・ドライブを搭載しながら、年差±1秒という驚異的な高精度ムーブメント「Cal.0100」を2018年に発表。2019年には同機を搭載した腕時計を発売する予定だ。今回は、そんなひときわのこだわりを感じさせる高性能クオーツモデルをご紹介する。

“クオーツを超えたクオーツ”搭載のグランドセイコー「SBGX263」

一度でも腕時計の世界に踏み入れたことがあれば、高性能クオーツと聞いて思い描くのがグランドセイコーの「9Fクオーツ」だろう。年差±10秒の高精度を誇るうえ、重い針も動かせる高トルクを実現した「ツインパルス制御モーター」や指示精度を高めるひげぜんまいを組み込んだ「バックラッシュオートアジャスト機構」、2000分の1秒で切り替わる「瞬間日送りカレンダー」といった独創的テクノロジーを搭載し、「クオーツを超えたクオーツ」ともいわれる名機だ。機械式のように、職人による手作業を必要とすることでも高級感を生み出している。同ムーブメントを搭載した「SBGX263」は、普遍的な美しさをたたえたシンプル3針。グランドセイコーの入門機的位置づけでもあり、一生モノとしても愛用できる。

秒針が流れるように動くブローバ「プレシジョニスト」

「精密さ」を意味する「プレシジョン」から名付けられたブローバの「プレシジョニスト」コレクションにも、高性能なクオーツムーブメントが搭載されている。一般的には2本の音叉(おんさ)型水晶振動子を内蔵させているが、同モデルでは3番目の振動子を追加することで振動数を8倍にまで増加。これにより1秒に1ステップを刻むのが一般的な秒針の動きが1秒16ステップにまで細かくなり、流れるようなスイープ運針を実現させている。また精度も高まり、公称値ではないが年差±10秒に近いといわれている。高振動化は計時能力も高め、クロノグラフモデルである「96G175」では1000分の1秒までの計測も可能にしている。300mの高防水やスポーティーなデザインも魅力的で、大人のオフシーンを飾ってくれる。

年差±5秒を実現したロンジンの「コンクエスト V.H.P.」

10万円台という手を届かせやすい価格帯ながら、年差±5秒という驚くほどの高精度を実現したのが、ロンジンの「コンクエスト V.H.P.」だ。1832年に設立した当初より正確性や精度を追求し続け、クオーツムーブメントでもスイス・ヌーシャテル天文台における精度維持期間の記録を次々と塗り替えており、そうした歴史が育んだ結晶といえる。精度の高さだけでなく、衝撃が加わったときや磁場にさらされたときに時刻を自動で補正するGPD(ギアポジション探知)システムや、約4年も保つ長寿命バッテリー、海外渡航時などすばやく時刻を変更できるスマートリューズなど、多彩な先進機能も搭載。デザインは質実かつオーセンティックで、幅広いシーンで活用しやすい。

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

PROFILE

横山博之(よこやま・ひろゆき)ライター

カバン、靴、時計、革小物、アウトドアギアなど、こだわりのライフスタイルを彩るに欠かせないモノに詳しいライター。デザイナーやディレクター、職人、経営トップなど、モノづくりに関わるキーパーソンへのインタビューも豊富にこなす。時代を塗り替えるイノベーティブなテクノロジーやカルチャーにも目を向ける。

今、あなたにオススメ

Pickup!