食べ物のシミ汚れを超音波で素早く洗浄 外出先で使える超音波ウォッシャー

  • 2018年8月30日

商品画像をクリックすると外部サイトへ移動します

白いシャツやTシャツを着ることが多くなる季節。ラーメンの汁や焼き肉のタレなどを飛び散らせて、シミをつけてしまってはせっかくのオシャレも台無し。特に外食時や旅行先でやってしまうと、そこからテンションも下がり、心から食事やお出かけを楽しめなくなることも。

そんなときにあると便利なのが、シャープの「超音波ウォッシャー」。汚れた部分を水にひたして、機種の先端でなぞりすすぐだけで、素早くきれいに落としてくれる。

秘密は先端の超音波ホーン。水を含んだ繊維の隙間に毎秒約3万8千回の超音波振動で、真空の泡を発生させ、泡がはじけるときに生じる力で汚れをはじき飛ばす。しかも、汚れをはじくことで、従来のようにこすったりたたいたりして洗う場合に比べ衣類に優しく、布の傷みを抑えられるメリットがある。

「超音波ウォッシャー」のモデルは、標準タイプ「UW-A2」とスリムタイプ「UW-S2」の2機種。「UW-A2」は、家庭での洗濯をサポート。ワイシャツの襟や袖の皮脂汚れなど、洗濯機や手洗いでは落ちにくい部分汚れを洗濯前の予洗いできれいに落とす。「UW-S2」は、軽量とコンパクト化を実現したスリムタイプ。カバンやポーチにも楽に入るので、外出先での予期せぬ衣類汚れを洗浄するのにおすすめだ。

とはいえ、どんな汚れも落ちるわけではなく、まず素材は、水で洗える衣類もしくは布製品に限られる。また塗料、油性ペン、墨汁、ヘアカラー、マニキュア、インク、染料などの汚れは落ちないので注意したい。

自分のためだけではなく、家族や友人、恋人の洋服に汚れが……というとき、慌てずスマートに処置すれば、きっとあなたの株も急上昇。「超音波ウォッシャー」を1台バッグの中に忍ばせておけば、安心感と快適さをもたらすこと請け合いだ。


[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!