スマホ操作で刺繡入れが楽々 入園準備に持っておきたいIOTミシン

  • 2018年11月16日

商品画像をクリックすると外部サイトへ移動します

幼稚園の説明会や願書受付が配布される秋。徐々に入園のイメージが湧いてくる時期であるだけに、入園の準備も少しずつ着手していきたいところ。中でも、お弁当袋や上履き袋、体操服袋といった必需品は、手早く既製品で済まそうと考える人も少なくないだろう。

とはいえ、やはりそのままでは味気ないもの。そこで、オリジナリティーを出すためにおすすめなのが、蛇の目ミシン工業の小型刺繡(ししゅう)専用ミシン「IJ521」だ。スマートフォンやタブレット端末を操作することで、自動で刺繡を施してくれる。

最大の特長は端末とミシンとの連携だ。端末とWi-Fiを介してミシンと接続する「クライアントモード」と、Wi-Fi環境の無い場所でも使用することができる端末とミシンとの間で接続する「アクセスポイントモード」を用意。

デザイン面では、専用アプリ「dot Customizer(ドットカスタマイザー)」を端末にインストールすることで、「アニマル」「アップリケ」「クロスステッチ」「ワッペン」などのテーマ260種類の豊富なデザインから選択可能だ。ネーム刺繡にも対応し、ひらがな、カタカナ、アルファベットなどの文字入力でオリジナルのネーム刺繡づくりにもチャレンジできる。

サイズは最大102×102mmの刺繡を仕上げることができ、大きさの調節も自由自在だ。ただし、あくまで刺繡専用ミシンなので、直線縫いなどの実用縫いができない点は注意したい。

一針一針、丁寧に時間をかけるとなると面倒な刺繡作業だが、小型刺繡専用ミシン「IJ521」なら手軽にクオリティーの高いものをつくることができる。機能をうまくアレンジして我が子の幼稚園デビューに花を添えてみてはいかがだろうか。

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!