使ってわかった

使いたい時にサッと使える極細スティック掃除機

  • 文・コヤマタカヒロ
  • 2019年1月30日

商品画像をクリックすると外部サイトへ移動します

パナソニック「ハンディ・スティック掃除機 MC-SBU1F」

  • とにかく軽いので、棚の上などの掃除もラクラク。スティック状なので使い方に合わせて自由な持ち方ができる

  • コンパクトで車内の掃除にも最適。子供が落とした食べかすなども掃除できる

  • 延長管とたてよこノズルを取り付けることで床掃除もできる。前後に動かすよりも左右にワイパーのように動かす掃除スタイルが向く

  • 本体をひねるだけで左右に動く「たてよこノズル」。吸い込み口は非常にシンプルな仕組み

  • 集じん方式は紙パックレスで、本体先端のダストボックスにゴミがたまる。ダストボックス部分を取り外して、フィルターを抜くことでゴミに捨てが可能。水洗いもできる

  • 使わない時はコート掛けなどにつるしておける。かさばらないのがうれしい

[PR]

かつて、掃除と言うと、えいやっと気合を入れて家じゅうを片付けてから、掃除機をかけることだった。しかし最近ではライフスタイルが変化し、汚れた場所だけをサッと掃除することが増えている。この変化を後押ししたのが、進化したコードレスのスティック掃除機だ。昔のコードレス掃除機は吸引力が弱かったり、使える時間が短かったりしたためメインユースでは使えなかったが、近年はモーターやバッテリーの改善により、メインの掃除機として活躍するようになってきている。そんな便利なコードレス掃除機をさらに小さく進化させたのが、パナソニックの「ハンディ・スティック掃除機 MC-SBU1F」だ。実際に借りて、その使用感を確かめてみた。

自在に使えるわずか530gの小型掃除機

「ハンディ・スティック掃除機 MC-SBU1F」は長さ約32cmの円筒状の掃除機だ。イメージとしてはリレー競技などに使うバトンが一回り大きく長くなった形を考えるといいだろう。ボディーカラーはグラファイトグレー、オリーブグリーン、カーマインレッドの3色を用意。重さはわずか530gで0.06Lの集じん容量だ。リチウムイオン電池を3本内蔵しておりハイモードなら約7分、ロングモードなら約30分間の掃除ができる。

使い勝手は非常にシンプルだ。コンパクトな本体は壁のフックやコート掛けなどにつるしておくことができ、使いたい時にサッと取り出すことが可能。本体の「HIGH/LONG」ボタンを押すとハイモードで起動し、もう1回押すとロングモードに切り替わる仕組み。

約30cmの円筒状の本体は自由な持ち方ができ、机の上や棚の上など、ほこりが気になる狭い場所も気軽に掃除できる。便利な極細すき間用ノズルも付属しており、狭い場所の掃除にも便利だ。

ハイモードの駆動時間は決して長くはないが、机の上などの室内のちょっとした場所を掃除するぐらいなら十分に活用できた。

手首を返すだけで床掃除がスムーズにできる

スティックスタイルで掃除をする時は付属の「たてよこノズル」と延長管を接続する。その場合は約1mの長さになるので、大人でもかがむことなく床掃除ができる。

面白いのが、この「たてよこノズル」だ。一般的な掃除機のヘッドは横長でT字の固定型だが、付属の「たてよこノズル」はその名の通りI字形の縦モードとL字形の横モードを、一瞬で切り替えられるアイデアノズルとなっている。

まっすぐにしている時は幅5.5cm(実測)のスリムなノズルとなっており、家具のすき間などの掃除もスムーズにできる。手首を返して本体を回転させると、ノズルが横向きに変わり、広いエリアを掃除できるようになる。この仕組みになれると、ノズルを横向きにしてL字形の状態で掃除したり、まっすぐにした状態で左右にワイパーのように振ったりするようなスタイルでも掃除ができるのだ。

ただし、最近のブラシなどを搭載したヘッドとは違い、あくまでノズルだ。カーペットなどからゴミをかき出すといった機能は搭載していないのでその点は注意が必要だ。

実際に使ってみたところ吸引力に関してはフローリングなら問題なし。またカーペットも毛足が短いものならそれほど気にならず、ペットの毛やゴミも問題なく吸い込めた。なお、ノズルのすき間がそれほど大きくないため、猫砂のような大きなゴミはそのままでは吸えなかった。固まりのゴミはノズルを少し持ち上げることで吸い込める。

集じん容量が0.06Lと小さいため、しっかり掃除した時はその都度ゴミを捨てる必要がある。ゴミは本体の先方に集まっており、簡単に捨てられる。

非常にコンパクトな「ハンディ・スティック掃除機 MC-SBU1F」は、一般家庭ではサブの掃除機として使うことになりそうだ。特に、現在キャニスター型掃除機を使っているという家庭に、サッと使える掃除機を追加したいと考えた時におすすめできる掃除機だ。

また、ワンルームで一人暮らしなら、これ一台で掃除を済ますこともできるだろう。スタンド充電などの機能はないため、使った後は電源ケーブルを挿して充電する必要はあるが、掃除機を置くスペースが極小になるのは大きな利点。生活スタイルによっては、かなり活躍してくれるはずだ。

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

PROFILE

コヤマタカヒロフリーライター

小学生の長女を筆頭に幼稚園児、未就学児の3女を育てるパパライター。専門分野はデジタル製品と家電機器なので、家事や子育てにもそれらを駆使して奮闘中。自宅事務所で働くフリーランスで、子育てにも積極的に参加中。

今、あなたにオススメ

Pickup!