トラベル

無料でレトロゲーム遊び放題 大江戸温泉物語 箕面温泉スパーガーデンに新コーナー[PR]

  • 2017年3月21日

箕面温泉スパーガーデンにオープンした「なつかしのゲームコーナー」

  • 浴衣姿の入場客がゲームに興じる光景が見られた

  • 縁日の屋台も毎日営業中

  • 夜は昭和ムードの歌謡ショーも上演

  • エンターテインメント施設が充実した箕面温泉スパーガーデン

 関西ではおなじみの日帰り温浴施設「箕面温泉スパーガーデン」(大阪府箕面市)は、温泉や食事だけでなく、縁日コーナーや大衆演劇などのノスタルジックな娯楽を満喫でき、幅広い世代から支持を受けている。3月には、ゲームセンターのアーケードゲームを無料で楽しめる「なつかしのゲームコーナー」がオープン。昔をしみじみ思い出す大人や、名作アーケードゲームに初めて触れる子どもたちがプレーに興じている。

箕面温泉スパーガーデン
http://minoh-spa.ooedoonsen.jp

 「なつかしのゲームコーナー」には、1980年代から90年代を中心に一世を風びしたアーケードゲーム約40台が集合。レンタルの浴衣を着てくつろぎながら、ゲームセンターで見かけることの少なくなったレトロなゲームを、温泉に入る前後や合間でも気軽に遊ぶことができる。

 設置されたのは、対戦型格闘ゲームの「スーパーストリートファイターⅡX」「餓狼伝説スペシャル」「サムライスピリッツ」、シューティングゲーム「ギャラガ」「パロディウスだ!」「雷電DX」など。老若男女が遊べるパズルアクションゲーム「テトリス」「ぷよぷよ」「上海」も人気を集めている。(古いゲーム機のため、メンテナンス中の場合もあり。)

 1台で複数のゲームが楽しめる、オムニバス形式のゲーム機も。ナムコ(当時)の「パックマン」「ゼビウス」「ディグダグ」、コナミ(当時)の「プーヤン」「イー・アル・カンフー」などのシンプルなゲームは、小さな子どもやお年寄りでもチャレンジしやすく、ファミコン世代はなつかしさを覚えることだろう。

 オープン当日は、入館者なら無料で遊び放題なことに驚く年配の入場客や、小さな子どものいるファミリーなど、多くの人がゲームを楽しんでいた。ツイッターでの事前告知は3日間で60万以上の閲覧があり、リツイート数も5千を超える反響を集めた。

 大江戸温泉物語が運営する「箕面温泉スパーガーデン」は、ヨーヨー釣りや的当てなどの縁日コーナーや、フードコートも充実。最大500席の劇場では大衆演劇や懐メロの歌謡ショーなどを上演しており、ノスタルジーの要素が盛りだくさん。お風呂に入った後はノスタルジーにたっぷり浸ることで、身も心も安らいでみるのはいかがだろうか。

箕面温泉スパーガーデン

 大阪・梅田から電車で30分余り。営業時間は10時から23時45分まで(最終入場は22時45分)。隣接した「箕面観光ホテル」の宿泊客は無料で利用できる。

http://minoh-spa.ooedoonsen.jp/

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Pickup!