&notes

フロントに恐竜ロボ、部屋にもAIコンシェルジュ “変なホテル”が舞浜に登場

  • &Travel編集部
  • 2017年3月15日

フロントでは2体の恐竜ロボットがお出迎え

  • ロビーに展示された実物大のティラノサウルスの模型  

  • ホテルの外観。東京ディズニーリゾートまでは車なら5分ちょっとだ

[PR]

 世界で初めて、「ロボットがスタッフとして働いたホテル」としてギネス世界記録に登録された、長崎県のハウステンボスにある「変なホテル」の2号館「変なホテル舞浜 東京ベイ」3月15日、千葉県浦安市で開業した。東京ディズニーリゾート近くという立地もあって、すでにファミリーやカップルに人気で、予約は好調という。

 変なホテル舞浜では、恐竜ロボット2体がフロントに立ち、チェックインやチェックアウトを担当する。日本語、英語、中国語(簡体字)、韓国語に対応。ロボットからの音声ガイドに沿って音声認識やタッチパネルでチェックインを行う。リアルな恐竜ロボは手や首を細かく動かし、たまにくしゃみもする愛敬もある。

 大型テーマパーク近くに立地することから、館内はアトラクション要素を強め、ロビーには実物大のティラノサウルスの模型を置いた。ビュフェスタイルのレストランも、洞窟のような内装が施されている。

 客室は、スタンダードツイン(18.5平方メートル)、スタンダードトリプル(23.5~24.5平方メートル)など計100室。すべての客室には、初めて人工知能(AI)を搭載したコミュニケーションロボット「Tapia」を置き、宿泊客をもてなすコンシェルジュ役をまかせた。また、スマ-トフォンで360度のバーチャルリアリティ(VR)画像を楽しめるゴーグルも置いて、部屋でも恐竜の世界を楽しんでもらえるようにした。マットレスには新幹線の座席にも使われている素材を使って寝心地の良さを追求、家族連れのために、エキストラベッドを簡単に展開して4人で泊まれるよう工夫したという。同ホテルによると、4人で宿泊した際の料金は平均2万円。

 スタッフ数は、この規模のホテルとしてはかなり少なめの7人。ロボットでは難しい緊急対応や、ベッドメイク、部屋のチェックは人間が担当する。

 「変なホテル」は、H.I.S.ホテルホールディングスが運営している。15日午前に行われたオープニングセレモニーで挨拶した親会社のH.I.S.の澤田秀雄代表取締役会長兼社長は「変なホテルの『変』は、絶えず変化し、進化するという『変わる』の意味。世界一生産性の高いホテルを目指して始めた。この舞浜でさらに経験を積んでサービスやお客様の満足度を向上させ、ホテルの新しいビジネスタイプとして世界に展開したい」と意気込みを語っていた。

 立地はJR舞浜駅から徒歩約18分。東京ベイシティバス「富士見五丁目」バス停のすぐそば。実際に舞浜駅から歩いてみると、大きな荷物を運びながら歩くのはちょっとつらく感じる距離だった。ただ、タクシーなら初乗り運賃プラス1メーターだ。

(&Travel編集部)

<ホテルデータ>

千葉県浦安市富士見5-3-20

http://www.h-n-h.jp/maihama/

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!