トラベル

横浜ロイヤルパークホテル70階のスカイラウンジ「シリウス」がリニューアル、ランチブッフェに「ライブキッチン」が登場[PR]

  • 2017年8月9日

「天空のキッチン」と銘打った、ライブ感あふれるライブキッチンでは、シェフとの会話も楽しめる

  • 新調したグリルを使用し、大きな塊の状態のままで焼かれたローストビーフは圧巻

  • スイーツは小ぶりなサイズのポーションで、いろいろな種類を堪能できる

  • 窓からは横浜の風景が一望でき、忙しい日常を忘れさせてくれる

  • アジアンリゾートフェアのランチカクテルとして提供されているシンガポールスリング(ラッフルズスタイル)とパクチーモヒート

  • アジアンリゾートフェアのライブキッチンで味わうことができる、ヨンタオフー シンガポール風おでん

 7月15日、横浜ロイヤルパークホテル70階のスカイラウンジ「シリウス」がリニューアルし、ランチブッフェに「ライブキッチン」が登場した。

 シリウスは横浜ランドマークタワー最上階、地上277メートルに位置する高層レストラン。店内中央付近に設置されたライブキッチンでは、シェフが目の前で料理を行う「ライブ感」を楽しむことができ、来店客みずからが食材を選べる演出も施されている。

 シリウスでは、2カ月ごとに(開業月の9月のみ1カ月)フェアが開催されており、その都度、テーマに添ったメニューが供される。7、8月は「アジアンリゾートフェア」と題し、ライブキッチンでは「ローストビーフとやまゆりポークのロースト(トロピカルフルーツソース&グレービーソース)」をシェフが切り分けてサーブしてくれるほか、「ヨンタオフー シンガポール風おでん」「アジアンバーベキュー」も提供。「シンガポール風おでん」は、麺をフォーと中華麺から選ぶことができ、トマトやゴーヤなど好みの具材を載せてシェフに器を渡すと、カレー風味と塩味、いずれかのスープをよそい、洗練された屋台の味に仕上げてくれる。

 リニューアルに合わせて新調したグリルを使用し、大きな塊の状態で丹念に焼かれたローストビーフは、肉厚でピンク色の断面が美しく、適度に脂の乗った柔らかい食感とうまみが口に入れた瞬間に広がる。メニューの食材はできる限り地産地消にこだわり、神奈川県のおいしい肉や野菜を厳選していることも特徴だ。「やまゆりポーク」は神奈川県産の生産者指定銘柄で、こうした品質選びは来場客に対するさりげない気配りを感じさせる。

 ランチブッフェでは、前菜や肉・魚料理に加え、専属パティシエによってつくられたミニスイーツも人気だ。フラワーボックスをイメージした装飾のデザートコーナーには、季節に合わせた食材を用いた10種類以上のケーキ類が並んでいる。小さめのポーションにカットされているため、気になる種類を複数取り分けて味わえる。(土・日・祝日限定で、チョコレートファウンテンも楽しめる)

 また、オリジナルのカクテルもうれしい。アジアンリゾートフェアのランチでは、シンガポールスリング(ラッフルズスタイル)とパクチーモヒートの2種類が提供されている。いずれもノンアルコールで注文することができ、夏の日差しに映える鮮やかな色合いが美しい。70階からの美しい眺望と相まって、日常から離れたリゾート気分を満喫できる。

 9月中はメキシコフェアを開催するほか、10月以降も各地の名産品を使ったフェアの実施を企画している。ライブキッチンでは今後、鉄板焼きを提供するアイデアもあり、足を運ぶたびに新しい趣向で楽しませてくれそうだ。

横浜ロイヤルパークホテル70階 スカイラウンジ「シリウス」
所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目2-1-3
ランチタイム 11:30~(ラストオーダー 14:30)
みなとみらい線 みなとみらい駅 徒歩3分/JR桜木町 徒歩5分

アジアンリゾートフェア
7月15日(土)~8月31日(木)
9月は開業記念として、メキシコフェアを開催予定。

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Pickup!