城旅へようこそ

美景を見ながら、二度破壊された悲しい歴史を思う 佐敷城(2)

  • 文・写真 城郭ライター 萩原さちこ
  • 2017年10月2日

加藤清正により築かれた佐敷城。石垣が復元されている

<佐敷城(1)からつづく> 

 佐敷城跡(熊本県芦北町佐敷)は、南北200メートル、東西100メートルほどで、北から本丸、二の丸、三の丸と階段状に連なり、北と東にはそれぞれ出丸が配置されていたことがわかる。曲輪(くるわ)は石垣で囲まれ、圧巻の様相だ。北側から西側は八代海に面し、東山麓には薩摩街道が通り、城下町が形成されている。

三の丸から見る二の丸。階段状に曲輪(くるわ)が連なる

東面の石垣。一段下には帯曲輪がある

 石垣づくりの枡形虎口は、搦手門(からめてもん)も含めて三つある。最初に出迎えてくれた搦手門ですでに感激したところだが、残りの二つ(追手門と二の丸東門)にはさらに圧倒される立派なものだ。東出丸から二の丸へ至る連続する枡形虎口となっており、見応えがある。ややきれいに復元されすぎた気もするが、城の構造を知る上ではわかりやすいし、写真映えもしてうれしい。

本丸東門。二の丸と本丸をつなぐ

 佐敷城は1615(元和元)年に一国一城令が幕府から公布されると廃城となり、破却されてしまった。その上さらに、約20年後に再び破却を受ける。石垣を見ると、城塁の下部だけに石が積まれ、隅部が欠けているのがわかるだろう。このように破城の痕跡が再現されているのは、1638(寛永15)年の天草・島原の乱後に破却が不十分だとして、徹底的に壊されたからだ。発掘調査前には激しく崩され、ほぼ原型をとどめていなかったという。

三の丸。二の丸へは東門と西門の2つの虎口がある

破却された石垣のようすが再現されている

 悲しい末路を辿る佐敷城だが、一方で追手門枡形からは「天下泰平国土安穏」の銘のある鬼瓦が発掘されるなど、豊臣政権下の城としての一面も垣間見られる。出土した桐紋鬼瓦も、豊臣秀吉との深いつながりを示す。縦45センチ×横69センチにも及ぶ巨大な瓦は、敵対勢力を牽制(けんせい)すべく掲げられていたのだろう。そのほか、文禄・慶長の役の際に朝鮮半島から連れてきた瓦職人につくらせたと考えられる瓦も見つかっている。改築された時期を示す「慶長十二年」の銘入瓦が出土していることから、1607(慶長12)年には二度目の改修が行われていたこともわかっている。

追手門枡形。鬼瓦が発掘されている。ここから二の丸東門を経て本丸へと至る

 さかのぼること1592(文禄元)年6月には、「梅北一揆」の舞台になった城として知られる。文禄の役に出兵中だった加藤重次の不在時に、島津氏の家臣・梅北国兼が城を占拠した事件だ。事態はわずか3日後に終息し、梅北は謀殺された。島津歳久が黒幕として秀吉により征討され、阿蘇宮司だった阿蘇惟光も斬首された。

 島津氏の政治的立場の悪化につながる出来事となったのだが、一揆の首謀者である国兼は、なぜか旧領では神様としてまつられている。この事件には謎が多く、別の真相が潜んでいるのではないかと大胆な憶測もしてしまう。不穏分子として島津歳久を成敗していることからも、おそらくは豊臣政権と島津氏との関係は緊迫していたはずだ。当時のこの地域の情勢を知る上で、興味深い事件といえるだろう。

 こんな想像を、すばらしい景色を眺めながらできるのがうれしい。城からは美しい景色が360度見渡せ、天気がよければ八代海の向こうには天草諸島も見える。

本丸からの眺望。晴れていれば天草諸島まで見渡せる

 城の南麓には、肥後と薩摩を結ぶ薩摩街道が通る。「豊臣秀吉宿泊の地」の標柱がある高橋安兵衛屋敷跡は、1587(天正15)年に秀吉が九州征伐の薩摩からの帰路に逗留したという場所だ。秀吉はここで北政所に手紙を書いたとか。高橋家には宿泊の御礼として、秀吉から桐紋入りの帷子が贈られたという。

 加藤清正が肥後南部の要衝として島津・相良・小西への備えを目的に築いた佐敷城は、実際に梅北一揆や関ケ原合戦の余波を受けた籠城戦の舞台となった。一時は秀吉政権の城として栄華を誇りながら、一国一城令により二度にわたって破壊され、土中に埋まった波乱万丈の城だ。

 今では静かな時間が流れる城下を歩きながら、歴史に思いをめぐらせるのがこの城の楽しみ方だろう。

時間があれば城下町を歩くのも楽しい

 (佐敷城の回・おわり)

[PR]

交通・問い合わせ・参考サイト

佐敷城跡
肥薩おれんじ鉄道線「佐敷」駅から徒歩約20分

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

PROFILE

萩原さちこ(はぎわら・さちこ)城郭ライター、編集者

萩原さちこ

小学2年生のとき城に魅了される。執筆業を中心に、メディア・イベント出演、講演、講座などをこなす。著書に『わくわく城めぐり』(山と渓谷社)、『戦国大名の城を読む』(SB新書)、『日本100名城めぐりの旅』(学研プラス)、『お城へ行こう!』(岩波ジュニア新書)、『図説・戦う城の科学』(サイエンス・アイ新書)など。webや雑誌の連載多数。
http://46meg.com/

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!