京のひと皿

とっておきの御朱印帳を片手に寺社巡り

  • 文・写真 村瀬佳子
  • 2018年1月11日

寺社巡りのおともにしたい御朱印帳。布製の表紙の柄はひとつずつ異なるので、自分だけの一冊に

  • 寺社巡りのおともにしたい御朱印帳。布製の表紙の柄はひとつずつ異なるので、自分だけの一冊に

  • 伝統的な町家を彩るプティ・タ・プティのテキスタイルは、美しい京都の風景を思い起こさせてくれます

  • 京の山並みを表現したものから、何げない日常の光景を切り取った模様、季節の移り変わりを表す木の葉をモチーフにしたものまで、テキスタイルのバリエーションは豊富

 三方を山に囲まれ南北に鴨川が流れる京都市は、名水に恵まれた街。「お水をもらいに行きますねん」と、伏流水が湧き出る井戸に人々が集う風景はめずらしくありません。京都御所のすぐそば、寺町通にある下御霊(しもごりょう)神社の「御香水(ごこうすい)」も京都人が愛する名水のひとつ。料亭のおかみさんや、お稽古前のお茶の先生、エプロン姿のご近所さんが水の容器を持って行き交う様子は、この付近のほほえましい日常です。

 下御霊神社を通り沿いに南へ進むと、そこは老舗茶舗や江戸時代から続く紙店、個性的な骨董(こっとう)店や古書店が軒を連ねる、趣のある名店街。落ち着いた雰囲気で京都歩きをたのしめるので、地元の人だけでなく旅人からも親しまれています。

 寺町通は、四百年あまり前に豊臣秀吉が市中の寺社を集めたことから名づけられたといいますから、寺社巡りのスタート地点としてもぴったり。そんな京都散歩のおともにしたいのが、2014年のオープン以来、この通りに新たな彩りを添えているコンセプトショップ「プティ・タ・プティ」の御朱印帳です。

 京都の職人さんが一冊ずつ手作業で製本しているという御朱印帳は、和紙製。表紙に使用されているオリジナルの反物は、イラストレーターのナカムラユキさんが手がけるコラージュ作品を、色彩表現のプロであるディレクターの奥田正広さんがテキスタイルに仕立てたものです。立体的な色の重なりが美しく、まるで染織工芸のような風合いのある布は断裁する場所によってできあがりの表情が変わるので、どれをとっても自分だけの「1点もの」になるというのがうれしいところ。寺社巡りに向かう気持ちをおのずと高めてくれます。

 「ブランドのシンボルになっている山の柄は、鴨川に架かる橋から毎日眺めている山並みと水の流れを表現しました。なんでもないけれど、大切にしていきたい京都の景色。自分の心に残るものをていねいに描くことで、見てくださる方の心にも重なり合って残っていく。そういうものづくりがしたいと思っています」と、ナカムラさん。

 フランスのことわざからとった「少しずつ巣をつくる鳥のように」という思いを込めた店名のとおり、ゆっくりとていねいに作品づくりをするという姿勢には、京都の職人ならではの、しなやかながら芯のあるこだわりが感じられます。

 大切につくられた御朱印帳を手に寺社巡り。足早に駆け回るよりも、時間を慈しむように訪ね歩きたいものです。すべてのページが御朱印でいっぱいになったころには、それはきっとお守りのようないとおしい存在になっていることと思います。

旅のメモ帖

 築150年以上の京町家を改装した「プティ・タ・プティ」は、店舗自体も見どころが満載。伝統的な厨子二階(つしにかい)と呼ばれる造りで、ギャラリーとして開放されている屋根裏には虫籠窓(むしこまど)、小屋根の上には鍾馗(しょうき)さんという魔よけの神様の瓦人形があります。入り口にある竹製の垣根、犬矢来(いぬやらい)も京都らしいしつらえ。商品選びも、店内探訪もじっくりとたのしみたい場所です。

 『京都さくら探訪』(文藝春秋)や『京都レトロ散歩』(PHPエディターズ・グループ)などの著者でもあるナカムラユキさんが案内する、寺町通周辺の散策スポットを描いたイラストマップも必見です。

[PR]

プティ・タ・プティ
住所/京都市中京区寺町通夷川上ル藤木町32
電話番号/075-746-5921
営業時間/10時30分~19時
定休日/無休(元日をのぞく)
http://petit-a-petit.jp/

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

PROFILE

村瀬佳子(むらせ・よしこ)

Chisen「菓子店千茜」主宰、翻訳者。京都生まれ京都育ち、東京と仏ローヌでの武者修行ののち京都にUターン。2015年1月、京都岡崎に開業したフランス菓子店をひとりで切り盛りする傍ら、菓子教室や味覚教室、子どものためのアトリエ活動を行う。日本とフランスの製菓材料企業でのプランナーを経て、生産者とのつながりを大切に、素材ひとつひとつにこだわり、しあわせの香りが口いっぱいに広がるような菓子と料理、食べることのたのしみを提案する。最新刊『京都 菓子店千茜 香るフランス焼菓子』(世界文化社) http://chisen.main.jp

今、あなたにオススメ

Pickup!