1021日・103カ国を巡る旅の記憶 「旅情熱帯夜」

写真

 身の回りの荷物とカメラと数本のレンズだけを背負い、1021日・103カ国をひたすら歩き、撮り続けた写真家・竹沢うるまさん。
 北米から南米、南極を巡り、激動の中東へ。そこからアフリカ大陸を縦断し、ユーラシア大陸を横断。移動手段はできる限り陸路。ローカルバスに乗り、カヌーで川を下り、ヒッチハイク、徒歩、時には馬で峠を越え、満員列車に50時間以上揺られ……。地を這(は)うような長い旅。
 竹沢さんが撮った写真には、そこにあったすべての熱や空気までもが瞬間にギュッと閉じ込められ、見ているうちにまるで追体験をしている気分になります。そんな臨場感あふれる写真集から一部を紹介します。

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

    PROFILE

    竹沢うるま(たけざわ・うるま)

    1977年生まれ。在学中、沖縄を訪れたことがきっかけで、写真を始める。アメリカ一年滞在を経て、独学で写真を学ぶ。卒業後、出版社のスタッフフォトグラファーを経て、2004年より写真家としての活動を本格的に開始。2010~2012年にかけて1021日・103カ国を巡る旅を敢行。帰国後、写真集「Walkabout」と、対となる旅行記「The Songlines」を発表。その他、「Buena Vista」、「Kor La」、詩人谷川俊太郎との写真詩集「今」などの著書がある。日経ナショナルジオグラフィック写真賞 2014グランプリ受賞

    BOOK

    旅情熱帯夜 1021日・103カ国を巡る旅の記憶

    旅情熱帯夜 1021日・103カ国を巡る旅の記憶
    (エス・アイ・ピー 発行、実業之日本社 発売)竹沢うるま(著)

    竹沢うるまの1021日・103カ国を巡る旅を、「紀行文×膨大な写真×当時の日記」という新しいスタイルで、濃密に表現したかつてない旅行記です。
    北米から南米、南極を巡り、激動の中東へ。そこからアフリカ大陸を縦断し、ユーラシア大陸を横断。移動手段はできる限り陸路。ローカルバスに乗り、カヌーで川を下り、ヒッチハイク、徒歩、時には馬で峠を越え、満員列車に50時間以上揺られ……。地を這うような旅。
    長く険しい旅の途中で巻き起こる衝撃的なハプニングの数々、思わず吹き出してしまう失敗談、現地の人々に翻弄(ほんろう)されて疲れ切る日々、心を揺さぶられる美しい光景、別れがたい出会い、ふと思い出される日本のこと……。本人ですら予測できなかったリアルな旅人の心の動きが、臨場感たっぷりな写真コラージュとともに、読んでいると旅をしているような気持ちになる一冊です。
    http://goods-shopper.com/?pid=109016659

    [PR]