ドイツの隠れた魅力あふれる小さな街を訪ねて

写真

 壮大な城や中世の面影を残す街並みが多くの観光客を魅了し続けるドイツ。その中には、あまり知られていないけれども、美しく魅力的な小さな街がたくさんあります。
 例えばファンタスティック街道沿い、ドイツ南西部にあるチュービンゲン。ヘッセなどが学んだ古い歴史を持つチュービンゲン大学がある大学街は、おとぎ話の世界に迷い込んだような街並みが魅力的です。ネッカー川沿いに立ち並ぶ建物はパステルカラーで屋根はレンガ色。木組みの建物の間をぬって、石畳の街並みを歩いていると、中世へ迷い込んだような気分になります。ネッカー川をレトロな木の船でクルージングしていると、手の届くところまでカモの親子がやってきます。さらに船上でピクニックを楽しむというぜいたくも。こんなところで学生生活を過ごせたらなあ……と夢を見てしまう、すてきな街です。
 また、チュービンゲンから北へ約50キロほどの場所にある世界遺産・マウルブロン修道院も隠れた名所。ヨーロッパの中で最も中世の様子をよい状態で保存している修道院です。ロマネスクやゴシック様式の建築様式も必見。鳥のさえずりを聞きながら、当時と変わらないだろう修道院を中庭からながめていると、目の前を修道士たちが横切っていきそうな気分になります。当時の修道士らの生活に思いをはせることができます。
 そして、ハイデルブルクから約1時間の場所にあるのがブレッテン。とても小さな街ですが、こちらも中世の面影を残すとてもかわいらしい街。夏には、中世の衣装に身を包んだ人たちが数万人も集まって盛り上がる祭りが開かれることで有名です。
 有名な観光地もいいけれど、「え?こんなところに、こんなすてきな街が!」という感動を味わうのも、自分だけの隠れた絶景街を見つけるのも、旅のだいご味。「ルターの宗教改革ゆかりの地をめぐる」旅の中で出会った、隠れた魅力的な名所を写真でご紹介します。さあ、まだ知られていない美しい街へ旅をしましょう。(&TRAVEL編集部)

■取材協力:ドイツ観光局

【関連記事】詩人を魅了した絶景とロマンチックな古城に誘われる街 ドイツ・ハイデルベルク  

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

[PR]