きんゆう女子。お金の学校

<1>お金のこと、よくワカラナイまま大人になってしまったあなたへ

  • 鈴木万梨子
  • 2017年3月2日

東京証券会館内のカフェで毎週開かれている「きんゆう女子。」の勉強会
(撮影/山田秀隆)

  • 東京証券会館内のカフェで毎週開かれている「きんゆう女子。」の勉強会
    (撮影/山田秀隆)

  • 東京証券会館内の「カフェ サルバドル ビジネス サロン」

  • きんゆう女子。代表の鈴木万梨子さん

 こんにちは。きんゆう女子。代表の鈴木万梨子です。

 読者のみなさんは、経済とか金融にどれくらい知識や興味を持っていますか?

 「お金のこと、よくワカラナイまま、大人になってしまった……」。そんなふうに思っている人、多いんじゃないでしょうか。

 「そうは言っても、何からどうしたらいいの?」

 「お金ときちんと向き合うことに、いったいどんな意味があるの?お金は増えるの?」

 「お友だちと突然、お金の話はできないし、セミナーは男性か投資のプロ(のように見える人)が多くて質問しにくい」

 ちょっと考えてみただけでも、なんだか難しそうでとっつきにくそう――。だから、お金のことって、つい後回しにしてしまいます。

 じっさい、私自身もそうでした。新卒で入った大手旅行会社では、法人営業として団体旅行を企画・営業・手配・添乗を担当していましたが、充実しながらも本当に忙しい日々で、お金のことについて考える余裕はありませんでした。ただ、漠然と将来への不安と期待を持って、キャリアアップや独立を目指していました。

 そして30歳を前に、好きだった仕事を辞めてベンチャーの世界へ。偶然出会った金融IT(フィンテック)系ベンチャー企業に転職したことがきっかけで、自分のお金の知識のなさを痛感したんです。生きていくうえで欠かせないお金のことを、ちゃんと知っておかなければ……。そこで、金融のことを女性たちが自ら学んで情報をシェアする「きんゆう女子。」を立ち上げることになりました。最初は一人で“お金ワカラナイ女子”としてスタート、今は金融を学びたい女性メンバーが250人ほどになり、金融街である兜町の東京証券会館内のカフェで、毎週木曜に集まって勉強会を開いています。

 活発に働く女性が増えた今こそ、私たちは自ら「お金」についてきちんと考えるべきだと思っています。受け身ではなく、正しい情報を取りにいく姿勢で。新しい切り口で、楽しく安心して金融を学びたい女性たちの駆け込み場所になれればと思います。

 私はお金と向き合い始めて約1年半。金融に関するあれこれを、体で覚えてきている感じがします。お金とひざを突き合わせることで、人生観までもが変わっていく――。きんゆう女子。のそんな感覚を、この連載を通じてお伝えしていければと思います。お金にまつわるキーワードを、私たちの目線から解説していきます。

[PR]

 初回のテーマは「金融」です。そもそも金融って何? 3月9日に掲載する予定です。お楽しみに!

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

PROFILE

鈴木万梨子(すずき・まりこ)TOE THE LINE Inc. 代表取締役社長

写真

獨協大学外国語学部フランス語学科卒。新卒でH.I.S.に入社し、法人営業として団体旅行の企画・営業・手配・添乗を担当し、海外を中心に約8千人にツアーを提供。起業を目指し2015年、金融系ベンチャーに転職。金融業界に入ったことでお金の知識のなさに衝撃を受け、「きんゆう女子。」を立ち上げる。2016年3月起業し、Webサイト立ち上げ本格的に「きんゆう女子。」をスタートさせる。旅と服をコーディネート・手配するサービス「FIT the Local」を企画準備中。https://kinyu-joshi.jp/

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!