猫と暮らすインテリア

<8>猫3匹と快適に暮らすための、セルフリノベーション ~ポポ・メグ・ハナオ

  • 写真 井上佐由紀 文 大橋史子(ペンギン企画室)
  • 2017年3月13日

[石井邸]
ポポ 雄・7歳/雑種、メグ 雌・7歳/雑種、ハナオ 雄・5歳/雑種
石井佳苗さん(スタイリスト)
神奈川県逗子市/マンション 1LDK 69m²

    ◇

 インテリアや暮らし周りのスタイリストとして活躍する石井佳苗さんは、猫3匹といっしょに暮らしています。それまで使っていた自宅兼アトリエが手狭になり、築42年のヴィンテージマンションを自宅としてリノベーション。大きな部分はプロに任せましたが、できる部分はセルフリノベーションしました。

 プランニングに1カ月、大工さんとの工事に3カ月。まずは空間を整えたあと、家具やインテリアアイテムを、住みながらDIYをしました。もとの間取りを大きくは変えませんでしたが、和室は洋室にしたり、床は全面、張り替えるなど、全ての場所に手を入れました。

 石井さんがリノベーションのプランニングで重視したことの一つは、猫3匹と快適に暮らすためのインテリアです。「伊豆のドッグペンションで保護されていたポポとメグを引き取り、その後、ハナオが生まれました。前の家からずっといっしょに暮らしていて、家族同然ですね。人懐っこいので、仕事仲間からは、『猫シャインズ(社員ズ)』とも呼ばれ、公私ともに欠かせない存在です」

 猫たちが安全で快適に過ごすせることを前提に、インテリアとしても成り立つものを考えました。市販の猫グッズは、素材がプラスチック、色がカラフルなどインテリアになじみにくいのですが、DIYなら好みをものにできると言います。

 まず、見せていただいたのは、玄関の脱走防止扉。猫たちの安全を考え、玄関のドアを開けたときに外に出ていかないようにと設置を考えました。

「一番小さいメグが通り抜けられないサイズを考え、木よりも圧迫感がない鉄を使い、きゃしゃなデザインにしました。DIYをサポートしてくれる溶接の工房にお願いして、いっしょに作ったんです」

 そして、リビングと寝室の壁に作られたのは、猫の通路。こちらは、無理なく通り抜けられるように、一番大きいポポのサイズに合わせました。前の家では猫たちが自由に行き来できるようにと、部屋のドアを開けていました。「今は、この通路で自由に出入りできるのでドアを閉められ、冷暖房の効率がよくなって猫も私も快適に。普段閉めておく扉は、猫たちが行き来する姿を想像しながら私が作りました」

 さらに、インテリアになじみにくい猫のトイレには、カバーをつけました。石井家は、洗面所と寝室の2カ所にトイレがあります。洗面所のほうは、丸い出入り口をあけた、大きめの木のボックスをかぶせました。そして、寝室のほうは木の枠をつけました。どちらも、自然にインテリアになじんでいます。「洗面所のトイレは猫たちが落ち着くのか、こちらでうんちをしますね」

 2016年12月には、石井さんの自宅ができるプロセスがわかる著書『Love Customizer No.2 DIY×セルフリノベーションでつくる家』を出版しました。

「どこにでもあるような、ごく普通のマンションをリノベーションしたので、たくさんの人の参考になるのではと思いました。そして、私の提案するDIYは、あきのこないシンプルなもの。インテリアの邪魔をしないので、どんなお宅でも挑戦できると考えました」

 本の中には、猫のアイテムだけではなく、家中のリノベーションやDIYに関する考え方やハウツーが紹介されています。また、リビングやキッチン、寝室など石井家のインテリアを見るだけも楽しめる内容になっています。

「世界各国の椅子や照明、オブジェ、ファブリックなど、好きなものに囲まれているのが幸せですね。高いデザイン性や繊細な職人技に引かれます。その雰囲気を壊さないDIYで作る、シンプルなものを組み合わせるのが、私らしいインテリアだと思っています。大切なのは、自分とって心地よいものは何か知ること。それぞれのお宅で、よく考えてみるのがいいですね」

石井佳苗さんのインスタグラム
https://www.instagram.com/kanaeishii_lc/ #猫シャインズ

[PR]

猫と暮らすインテリアの写真はこちら

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

PROFILE

井上佐由紀(いのうえ・さゆき)写真家

写真

1974年福岡県柳川市出身。東京都在住。写真家。九州産業大学芸術学部卒業。写真スタジオ、アシスタントを経て独立。現在はライフワークとして生まれたばかりの赤子の目を撮影しています。うどんとコーヒーがすき。
コレクション:フランス国立図書館、サンフランシスコ現代美術館
http://donko.inouesayuki.com/
http://inouesayuki.com/

大橋史子(ペンギン企画室)(おおはし・ふみこ)編集者・ライター

家事、料理、収納、インテリアなど暮らし周りを中心に、雑誌、本、webなどで活動中。人の人生や物語を聞くのが好き。
ペンギン企画室「40’s style」http://40s-style-magazine.com

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!

Columns