きんゆう女子。お金の学校

<3>株式会社って?

  • 鈴木万梨子
  • 2017年3月23日

撮影/山田秀隆

 今回のキーワードは、働く大人であれば毎日のように目にする「株式会社」です。

 先日のきんゆう女子会では、お金と法律をテーマに弁護士さんをお呼びしてワカラナイことを勉強しました。その中で「株式会社」については、とてもたくさんの質問が飛び交いました。

**************** 

「きんゆう女子。」メンバー(以下、メンバー):普段、メールや電話で「株式会社」って何回も使うけど、よくワカラナイです。株を売ったり買ったりというニュースはよく聞くので、株式会社と株は何かしら関係があるんですよね?

弁護士さん:はい、そうですね。株式会社というのは、株を発行し、それとひきかえに投資家などからお金を集めてビジネスをする会社のことです。株という方式、つまり「株式」によってできている会社だから株式会社といいます。

鈴木万梨子(以下、まりこ):だから株式会社っていうんですね!

弁護士さん:そうなんです。ここでいう会社とは、利益を出すことを目的とした法人のことです。株式会社以外にも有限会社や合同会社などがあります。
 株式会社の最初の資金は、株を発行して集めたお金で、これを「資本金」といいます。
 仕事の取引先などを調べるとき、会社のホームページにある会社概要を見たことがあるかもしれません。そこに資本金という欄がありますが、この資本金はビジネスを始めたとき会社の大きさを表しているんですね。

メンバー:資本金が大きい方が絶対にいいんですか?

弁護士さん:もちろん資本金が多ければ、たくさんのお金がありますので、やりたいことがたくさんできますよね。でも一方で、たくさんの株主がいることにもなるので意見が一致しない可能性も高まります。

メンバー:株主ってなんですか?

弁護士さん:お金を出して株を買って、所有している人のことをいいます。株主は会社の経営について意見を言ったり、儲かった場合に儲けをもらったりする権利があります。もちろん株は他人に売ることも、買うこともできますよね。

メンバー:資本金を増やすこともできるのですか。

弁護士さん:もちろんできます。株式会社をつくったあとにさらにお金が必要になるケースもあります。たとえば、思ったより収入が伸びないのでもっと手持ちのお金が欲しいとか、どんどん商品が売れるので新しく工場を建てたい、こんなことが考えられます。

メンバー:会社はどうやってお金を集めるのですか?

弁護士さん:お金の集め方は大きく分けて二つあります。
 一つは、会社をつくったときと同じように、株をさらに発行してお金を募ることです。これを増資といいます。資本金が増えるので「増資」です。もう一つは、誰かからお金をかりること、これは「融資」といいます。

メンバー:うーん、難しそう。私たち普通の社員にも何か関係あるのですか?

弁護士さん:もちろん関係ありますよ!会社法的にいうと、「社員」というのは、株の所有者つまり株主のことをいいます。みなさんは実は社員ではなくて、「従業員」というんです。

メンバー:えー!?そうなんですか。初耳!

弁護士さん:意外と知られていないですよね。では従業員と社員は全く違うか、というとそうでもないのです。たとえば、従業員であるみなさんが、勤めている会社以外で副業をすることは、なかなか難しいですよね。

まりこ:最近副業OKの会社もあると聞きますが、まだまだ少ないです。

弁護士さん:副業はできなくても、貯金など余力のあるお金で株を買って、その会社に出資することも考えられますよね。その瞬間、従業員は「社員」に変わるんです。

まりこ:株を買って出資することで、誰でも好きな会社の「社員」になれるってちょっと面白いです。会社の経営に少し関わっているイメージで目線が変わりそうです。

弁護士さん:そうですね。株を買って出資をした会社がうまくいけば、株の価値が上がります。逆に会社が低迷すれば、その価値は下がっていきます。出したお金が増えて戻ってくることもあれば、ほとんど価値がなくなってしまうこともあります。しかし、株主は出したお金以上の責任を問われることはありません。

メンバー:紙切れ同然の株、っていう言葉を聞いたことがあります。

弁護士さん:そうですね。株には価値が変動するリスクがあるものの、株式会社があることで、ビジネスをしたい人、株を買いたい人、売りたい人、それを仲介する証券会社などなど、お金がうまく循環していく仕組みができるのですね。

**************** 

まりこのまとめ:普段、なにげなく使っている「株式会社」「株」「社員」という言葉の意味。そして会社がどうやってお金を集めてビジネスをしているのか。改めて考える機会がないと調べることもないことだったので、勉強になりました。

 次のキーワードは「取引所」です!

[PR]

    ◇

 「きんゆう女子 お金の学校」は、お金のことワカラナイ女子のためのコミュニティー「きんゆう女子。」の代表・鈴木万梨子さんが、お金や経済にまつわるキーワードについて、その意味や、私たちに実際どう関係してくるのかを解説する連載です。

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

PROFILE

鈴木万梨子(すずき・まりこ)TOE THE LINE Inc. 代表取締役社長

写真

獨協大学外国語学部フランス語学科卒。新卒でH.I.S.に入社し、法人営業として団体旅行の企画・営業・手配・添乗を担当し、海外を中心に約8千人にツアーを提供。起業を目指し2015年、金融系ベンチャーに転職。金融業界に入ったことでお金の知識のなさに衝撃を受け、「きんゆう女子。」を立ち上げる。2016年3月に起業し、Webサイト立ち上げ本格的に「きんゆう女子。」をスタートさせる。旅と服をコーディネート・手配するサービス「FIT the Local」を企画準備中。https://kinyu-joshi.jp/

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!