パパが仕上げみがきに挑戦 子どもの「歯みがき」が家族みんなにとって楽しい時間に [PR]

  • 2017年5月12日

 いつも仕事で忙しそうなパパが、短い時間でも子どもとのコミュニケーションを深めることができるひと時が「歯みがき」の時間ではないでしょうか。子どもの歯を磨くことによって、パパの気持ちにも意外な変化が……。ママも気になる、パパの“本音”の動画が公開されました。

普段子どもの歯みがきをしない3人のパパたちが、子どもの歯みがきに挑戦

 子どもの歯みがきが大変なのは、ママたちにとっては“あるある”のはずですが、パパにはどう伝わっているのでしょうか? そこで、普段あまり子どもの歯みがきをしていない3人のパパに、あるミッションが与えられます。

ハブラシと歯みがきがミッションとともに届けられました

 パパに届けられた、謎の箱。入っていたのは、クリニカKid's のハブラシ、ハミガキと、1台のビデオカメラ。それに加えて「今日から7日間、ママに代わってお子様の歯みがきを行ってください」というメッセージでした。

子どもの歯みがきと向き合うパパたち

嫌がっていた子どもたちも次第に慣れたようです

 慣れないパパたちは、はしゃいだり嫌がったりする子どもに悪戦苦闘。ムービーでは、懸命にブラッシングする様子が映し出されています。

子どもの歯みがきをとおして、ママの大変さを実感しました

 チャレンジを終えたパパたちは、「やっぱりママはすごいなって」「尊敬しますね」「これからは自ら進んで磨けるようにできるなと」といった本音を語ります。子どもの歯みがきにチャレンジすることで、パパたちの意識も変わったようです。

 ムービーの最後にはパパとママ、そして子どもたちがみんな笑顔になって、心温まる家族の姿が描かれています。

歯みがきは家族のコミュニケーションの時間

 子どもの歯をきれいにみがいてあげる大変さを実感したパパたち。でも、その大変さを夫婦で分かち合えた時、家族の絆はより一層深いものとなります。感謝の言葉によって深まる家族の絆が、「ありがとうの一言で、家族はもっと近づける」という最後のメッセージに込められています。 

 動画が公開されている「HA!HA!HA!パーク」には、子どもの成長段階にあわせた歯みがきのポイントや、嫌がった時の裏ワザなどを紹介しています。動画での紹介やお悩み相談室もあって、初めて子どもの歯みがきに挑戦するパパだけでなく、日頃お悩みをお持ちのママにとっても必見です。

 この動画を見ることで、ひとりでも多くのパパが「自分も子どもの歯みがきをやってみよう」「ママに日ごろの感謝を伝えよう」と思うきっかけになるといいですね。

 「子どもの歯みがき」が家族にとっても貴重な時間になるかもしれません。

■HA!HA!HA!パーク 0才からの予防歯科はこちら
http://clinica.lion.co.jp/hahahapark/

■クリニカKid'sシリーズはこちら
http://clinica.lion.co.jp/product/kids_brush.htm

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Pickup!

Columns