ゴールドに輝く「透きとおった甘酒」 ハナマルキが限定発売[PR]

  • 2017年6月19日

ハナマルキから発売の「透きとおった甘酒」(左から2番目)。その左が「紅茶割り」。右が「豆乳割り」と「ソーダ割り」

  • これまでの甘酒の常識を打ち破って、ボトルもスタイリッシュなデザイン

 甘酒といえば、子どもからお年寄りまで幅広く愛され、古来、日本に伝わる飲み物。美容や健康を意識する女性を中心に、昨年からブームが続いています。白く濁っていることと独特の舌触りが甘酒の特徴ですが、その常識を打ち破って、ほのかなゴールドに輝く「透きとおった甘酒」が登場しました。ハナマルキの通販サイトで、6月19日から抽選販売が行われます。

 「透きとおった甘酒」は、独自の発酵技術を用いて2種類の米麹(こめこうじ)をブレンドすることによって、まろやかな甘さを出しながら、爽やかな酸味のある飲み口に仕上げました。酒かすは使っておらず、アルコール0%。従来の甘酒のどろっとした舌触りや味が苦手だという人にも、クセがなくて飲みやすくなっています。

 開発したハナマルキは、「おみそな~ら、ハナマルキ」のフレーズでおなじみですが、最近では「液体塩こうじ」など米麹を使った商品もヒットしています。塩こうじをギュッと搾って液体にする技術で特許を取得していて、今回の甘酒はその技術を生かして透明化を実現することができました。

 ブドウ糖のほか、ビタミンB類、アミノ酸、酵素などを多く含むことから“飲む点滴”とも称される甘酒。これまでは主に冬に飲むイメージでしたが、「透きとおった甘酒」のクリアな飲み口は夏にもぴったり。夏場の栄養補給に打って付けです。

 化学調味料や保存料、着色料、砂糖も不使用なので、安心して飲むことができます。いろいろな料理も合いそうで、ハナマルキでは、爽快で飲みやすい「ソーダ割り」、自然な甘さの「紅茶割り」、ダイエットや美容に多忙な女性向けの「豆乳割り」といった飲み方を提案しています。

 500ミリリットル瓶で、価格は2000円(税込み・送料無料)。限定400本のため、ハナマルキのホームページ(http://www.hanamaruki.co.jp/)で6月19日から7月17日まで抽選の申し込みを受け付けています。その後に抽選が行われ、購入できるのは当選者のみとなります。

■透きとおった甘酒スペシャルサイト
http://www.hanamaruki.co.jp/amazake

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Pickup!

Columns